たつきちdeつれづれなるままに

【たつきちdeつれづれなるままに】台湾の巨大虫たちとの仁義なき戦い

こんにちは。大学生たつきちです。

前回ゆるーく、自分のだめだめ体験談などを気が向いた時に更新するコラム

【たつきちdeつれづれなるままに】の第1弾「台湾の病院まじ卍」

を投稿させていただきました。

【たつきちdeつれづれなるままに】台湾の病院まじ卍こんにちは。たつきちです。 今回新たにゆるーく、自分のダメダメ体験談などを気が向いた時に更新するコラムを作成することにしました。 ...

今回は第2弾「台湾の巨大虫たちとの仁義なき戦い」を投稿したいと思います。

有益な情報はないので、超絶暇人の人だけお読みください。



ラウンド1 (VSケムッソ)

台湾に来て1か月目にも達しない頃、戦いの狼煙(のろし)は突然上がりました。

そう、それは自分は部屋でお風呂から上がった時のこと。

台湾では欧米と同じように部屋内でも靴を履くスタイルの家が多く、私自身の学舎も例にもれなかったため、部屋でサンダルを履こうとしたその瞬間。

 

何か黒色の物体がサンダルの上に乗っているのに気づきました。

 

自分は目が悪くそれが何であるのかわからなかったので、メガネを取りそれが何かを確認しました。

 

するとなんとサンダルの上に

毛虫

がのっていたのです。

 

「毛虫出た。まじできもい、、、最悪や、、、」というようにこの時私はかなり心の中でパニックになってしましました。

 

しかし発想を切り替え、忍法「菩薩思考口寄せの術」を使うことにしました。

たつきちのだめだめ術リスト

「菩薩思考口寄せの術」

怒った時や混乱した時、緊張した時などに、ベクトルを自分でなく、相手に向け、相手の頭の中を想像しまくる適当に生み出した菩薩系の技。

「菩薩思考口寄せの術」を使うことで自身を一定期間だけ解脱状態にさせることができる。

ただし効果が切れると、煩悩まみれになり一定期間Twitterでネットサーフィンをすることになるので注意が必要。

今回はかなりピンチだったため特別解脱し、自分にベクトルを向けず、毛虫にベクトルを向け、毛虫がどんな気持ちかまず想像することにしました。

そうすると毛虫も自分のことを怖がっているかもしれないことに気づくことができたのです。

今までの自分の小ささに気づき、心の中で毛虫にさっきはきもいって思ってごめんね。と伝えました。

そして、そっと自分のサンダルと毛虫を一緒にごみ箱に捨てることにしたのです。




ラウンド2(VS巨大クモ)

次に戦うこととなったのは、台湾留学2か月目後半のこと。

部屋のドアのスキマから何かがこちらに入ってくるのが見えた。

そう

クモ

がやってきたのです。

 

大きさは本体が100円玉ぐらいの大きさ。

さてどのようにして戦うべきか。

ここは、先ほどと同じく、菩薩思考口寄せの術を使ってもいいが、少し敵の攻撃力が高いため相性が悪い。

そこで、今回は忍法「水遁霧噴射の術」「雷遁柑橘憑依の術」を合体させた2種類の性質変化を使うことにしました。

そう、2種類の性質変化を使わないと勝てない相手なのです。

性質変化は自身のチャクラを「火遁」「風遁」「雷遁」「土遁」「水遁」といった性質に変化させる。ナルトは風、サスケは雷と火、カカシは雷と水の性質である。

wikipediaより引用

 

たつきちのだめだめ術リスト

 

「水遁霧噴射の術」は虫退治用のスプレーを1m以内の敵に噴射する術。

術者の命中力が全てである。

「雷遁柑橘憑依の術」は女子が男を虜にする際に使用する効果的な柑橘類の香りを憑依させる術。

それぞれの術を合体させると、自分の好きだった女性の香りを思い出しながら、虫退治ができるという複雑な心理状況を引き起こすことができる。

ちなみに合体させると忍法「柑橘霧噴射の術」。

 

副作用は下記に記述。

こうして「柑橘霧噴射の術」を使うとなんなくクモを倒すことができました。

そしてそれと同時に柑橘の甘い香りで過去の数々の失恋を思い出すことになったのです。

ラウンド3【ボス級】(VS飛ぶゴキブリ)

クモがを倒して20分後悲劇は突然やってきました。

パソコンでブログを書いていると、後ろから何かが飛んできたのです。

そう

ゴキブリ

です。

ここでゴキブリという言葉を多用すると、読者に不快感を与える可能性があるため、

以後勝手ながら「とっとこ飛べるよブリ太郎」とさせてもらいます。

 

今までに噂で聞いたことのあった伝説の種「飛べるタイプのブリ太郎」。

まさかここで現れるとは。。

 

ブリ太郎の颯爽とした登場にかなり混乱した私は、VS毛虫戦の「菩薩思考口寄せの術」を使用しました。

しかし頭でどんなにゴキブリのことを思っても、動き回るゴキブリのことを細胞レベルで拒否するプログラムがなされているので、全く効果がありません。

 

そこで、VSクモ戦の「柑橘霧噴射の術」を使用しようと思ったその時、、、

 

ブリ太郎2度目の飛行

 

ここでたつきちのライフポイントはほぼゼロになります。

 

しかし、ここで自分の全てのチャクラを使い、「柑橘霧噴射の術」を使い、無事「とっとこ飛べるよブリ太郎」を倒すことができました。

そして、ブリ太郎が倒れてる隣で、柑橘系の香りで過去の恋愛を再度思い出すことになってしまいました。

おしまい

まとめ

これまでどうでもいいことをだらだら述べてきましたが、また気の向いたタイミングで、この【たつきちdeつれづれなるままに】コラムを今後も更新したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上大学生たつきちでした!!





その他の【たつきちdeつれづれなるままに】シリーズはこちらから↓

第1話 台湾の病院まじ卍

第3話 宇宙について考えると全てがどうでもよくなってしまう説を唱えたい

第4話 台湾のカップ麺は美味しいのだろうか…【來一客】 

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら