たつきちdeつれづれなるままに

【たつきちdeつれづれなるままに】宇宙について考えるとすべてがどうでもよくなってしまう説を唱えたい

たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。

現在台湾留学中のたつきちです。

今回の記事は【たつきちdeつれづれなるままに】第3弾とのことで旧来の意味でのブログっぽく自分が感じたことを随筆のように気ままに書いていきたいと思います。

今回のテーマはスケールを大きく地球、宇宙のことについて

それではどうぞ。




地学で宇宙の範囲を勉強すると受験どうでもよくなった話

私自身文系国公立志望だったので、受験で理科の基礎科目4科目中2科目を選ばないといけず他の科目が苦手だったため地学を選ぶこととなりました。

そして地学にはさまざまな範囲がありほとんどの分野にあまり関心を持つことができなかったのですが、その中でも宇宙の範囲だけは興味があったのでそこそこ勉強しました。

そんなこんなで宇宙のことを勉強していると、

約138億年前に宇宙が生まれて、

約46億年前に地球が生まれるというとんでもなく大きなスケールの話ばかり出てきて、今必死こいてコミットしてる受験勉強っていったい。。。とも度々思っていたわけだったのです。

一般的に人類誕生は約700万年前といわれています。この数値の誤差はともかく、宇宙や地球の誕生の年月から考えると人類が誕生したのがいかに最近かということがわかると思います。




地球45億年物語を見てみた

そしてあれから早いことに4年ほど経過し、いつものようにYouTubeを眺めていると推奨された動画一覧の中に地球45億年物語という動画を発見したので見てみることにしました。

動画は1時間半ほどとYouTubeの動画の中では比較的長いですが、地球45億年の歴史を1時間半で学ぶことができると考えると、費用対効果は抜群によかったです。

この動画の中で地球が火の海に覆われたり、隕石が雨のように降ってきたり、氷河期で地球の表面が氷に覆われたり、、、というようなことが人類の歴史よりも長い期間で発生していることがわかると思います。

そして人類が生まれるまでにも巨大な昆虫や恐竜など様々な当時の地球上の猛者達が平然と絶滅した過程を目の当たりにすることとなります。

生きる意味って何なのだろう

突然ですが留学に来て1人で過ごす時間が格段に増えてから、たくさんのことに1人で思考を巡らせるようになりました。

 

その中でも1つの大きなテーマが「生きる意味は何なのか」というもの。

 

このテーマについてはこれまで「人に貢献すること」、「後世に自分の名前を受け継ぐ」などいろいろと考えてきました。

しかし宇宙という大きな視点から考察してみると果たして上記のものが正しいのでしょうか。(正しい、正しくないといった軸で考える時点でナンセンスですが・・)

 

というのも現在の調査では地球、太陽にも寿命があり死があります。

また死までは言わないとしても何百万年、何千万年、何億、何十億万年単位で考えるとどこかで間違いなく隕石衝突、氷河期などなど人類が滅亡する可能性は限りなく高い。

当時の絶対王者恐竜だって1億6000年間という人間の何十万倍も生き残ってきた生物の先輩でさえ地球上から消えてしまったのです。

そしてたとえ地球から月や火星などに移住できるようになったとしても、太陽系から脱出できない限りは太陽の寿命と共に滅びてしまう。

 

もしかすると数千万年後ごろには地に返って隕石の一部となり宇宙旅行しているのかもしれません。

 

このようなことを加味した際に何のために私たちは生きているのだろうかと思うわけです。

 

何を考えるにせよ、分かっていることは人も地球も太陽も星も死を迎えることだけ。

 

この答えはまだまだ私には結論が出ないこともありますが、1つだけ言えるのはどうせ皆いなくなちゃうのだったらあれこれ考えず単純に今を幸せで生きればいいということ。

 

そして自分の小さな頭で、今を幸せに生きていくためにはどうすればいいのか考えると「他者貢献」「幸せの沸点を下げる」ということが主観的に思い至ったのでこれからもこれらにコミットしていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上たつきちでした。




その他の【たつきちdeつれづれなるままに】シリーズはこちらから↓

第1話 台湾の病院まじ卍

第2話 台湾の巨大虫たちとの仁義なき戦い

第4話 台湾のカップ麺は美味しいのだろうか…【來一客】 

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら