ローカル台湾観光

【台湾一周最終話】「ありがとう台湾」新北 九份〜台北 松山

本日の歩いたルート・徒歩距離

台湾一周60日目に歩いたルートは新北 九份〜台北 松山。

歩いた距離は37km。

台湾一周LAST DAY

今日は台湾一周最後の日。

これまでこのボードに日にちを書いては消してというのを何度も繰り返してきたからか、もうすっかり汚れてしまっている。

※ちなみにこのボードは二代目。

 

しかし今日でこうやってこのボードに文字を書くのも最後。

今日はいつもより丁寧に書き、宿を出る。

おなじみの九份電車最寄り駅「瑞芳」へ

まず向かうは九份の電車最寄り駅「瑞芳」

Google Mapsで見たところ約5kmといったところか。

九份の坂道。

台湾はこのような歩道者に配慮がなされていない道が多い。

後ろから車が来てないか確認しつつとせっせと前へ進む。

坂道から見える九份。

九份は中で観光するよりも、外から眺める方が好きだ。

その後、ふいに突然の野犬。

まさか九份の坂道にいるとは思わなかったが、なんとか通り抜ける。

そして「瑞芳駅」到着。

なじみのある駅なので、いとおしく感じる。

最後の道なき道へ

ここからもどんどん田舎道を歩いて行く。

良く言えば風情のある街並み、悪く言えば活気のない街といったところか。

このような街にはたくさん放し飼いの犬がいるので、注意しなければならない。

その後、行き方がわからず車道へ。

このあたりはトラックの交通量がかなり多いので、端に身を寄せながら歩く。

歩く道なし(笑)

それでもなんとかここから10kmほど歩き続けると、やっと台北らしい街並みに変わる。

このあたりで残りは10km程度とラストスパート。

台北と新北を繋ぐ道。

さすが台北。歩道者のための道がきちんと整備されている。

これでMRTの「南港駅」到着。

この駅に来たのは初めてだが、とにかく建物が大きい。

今度また台湾に来た際に、ここに寄ることにしよう。

 

 

ここから一時間ほど歩き、辺りは真っ暗に。

 

 

そしてついに…

スタート地点の環島1號線のスタート地点

台北「松山駅」到着。

 

歩いた日数:60日

歩いた距離:1076km

 

いろんな苦難があった旅ではあったが、たくさんの人に支えられここまで来ることができた。

 

僕の一生の思い出になるであろう徒歩での台湾一周「徒步環島」もこれにて終わり。

 

ということで最後に一言

 

「ありがとう台湾!」

 

これまでの台湾一周を振り返るまとめ記事も近々投稿する予定なので、そちらも見てもらえると嬉しいです。

最後までたつきちの台湾ブログを見ていただきありがとうございます。

それでは再見!!