徒歩で台湾1周「徒步環島」

【台湾一周第46話】「コミュ力の鬼 郭さん」花蓮 瑞穗〜花蓮 鳳林

本日の歩いたルート・徒歩距離

台湾一周46日目に歩いたルートは花蓮 瑞穗〜花蓮 鳳林。

徒歩距離は34km。

郭さんが橋の写真を撮る理由

今日は昨日泊まっていた宿にて偶然出会った郭さんと歩いて行くということで、あたりもまだ暗い6時頃に一緒に出発。

歩いて1時間ほどであろうか。

橋を渡るときに何やら郭さんが「俺の仕事がやってきた」と言って橋の写真を撮り始める。

聞くところによると、これまで橋を通るたびに写真を撮ってきたというそう。

「橋が好きなんですか?」と聞いてみると、

「いや別に好きじゃないよ。でも台湾一周の情景を思い出すために記念として撮っているんだ」とのこと。

僕も旅中このようにブログを書いていると、後で台湾一周がどういうものであったのか思い出すのに最適かと思っていたが、橋の写真を見ることで情景を思い出すというのも風情があって良き。

たくさんの方と写真をパシャリ

郭さんと歩いていると、誰かが通りがかる度に写真を撮ろうと言ってくれるので、どんどん写真が増えていく。


また二人で歩いていると、お互い写真を撮りあうことができるのもメリットの1つ。

台湾の砂糖事情について学べる「花糖文物館」へ

お昼ごろになると、「花糖文物館」に到着。

中を見て回っていると以前5000円札に描かれていた新渡戸稲造の銅像発見。

新渡戸稲造の銅像の下には「台湾砂糖の父」という言葉が彫られている。

新渡戸稲造がこのように台湾の砂糖と関係があるということは全く知らなかったので、また1つ勉強になった。

郭さんのコミュ力が高すぎる件について

郭さんと歩いていると、郭さんのコミュ力の高さに驚かされる。

 

というのも今日の宿探しが決まってないということで、近くにいた中学生を引率している先生に声をかけ、宿を教えてもらうことに成功。

その後、それでバイバイかと思いきやそのまま授業に混ざり、一緒に客家語の歌を合唱。

先生の緩さといい、郭さんのコミュ力の高さといい、台湾らしさを垣間見ることができた一時であった。

明日はついに花蓮に向けて出発。

今日はかなり歩いたこともあり、疲れているのか10時頃に眠りにつく。

台湾一周46日目のグルメ

本日の泊まった場所

台湾一周46日目に泊まった宿は鳳林にある名前のない宿。

値段は600元(約2160円)。※2人で泊まったので1人300元(約1080円)

この宿の特徴➤

  • 洗濯機使用可(無料)
  • wifiなし
  • シャンプーやボディソープあり

看板も名前もないため、見つけるのはかなり難しいですが、このあたりではかなり安い方なので、徒步環島する方で他に全く宿が見つからない場合ここに泊まるのもありかと思います。

↑名もなき宿はこの青色の現在地にあります。

次回「第46話」花蓮 瑞穗〜花蓮 鳳林

台湾一周中はこのように日本時間20:00に毎日ブログを更新していこうと思うので、ぜひみていただけると嬉しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

以上たつきちからでした!!

明日も見ていただけると嬉しいです。明天見!!

 

最新情報はTwitterとInstagramから↓

Twitter

たつきちのツイートはこちら

 Instagram

@shuhecun

たつきちのアカウントはこちら

 

 

台湾1周約1000km歩きます
【報告】普通の大学3年生が「徒歩で」台湾1周約1000kmに挑戦します!!大家好!! たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。 今年の3月11日に台湾留学してからちょうど7ヶ月が経過しま...