徒歩で台湾1周「徒步環島」

【台湾一周第40話】「東部の都市『台東』入り」台東 太麻里〜台東市內

本日の歩いたルート・徒歩距離

台湾一周40日目に歩いたルートは台東 太麻里〜台東市內。

徒歩距離は約29km。

台東市内までの道のり

今日はいつもより徒歩距離が少ないということで、遅めの8時半出発。

まずは東部にしては大きな街「太麻里」市内へと向かう。

40分ほど歩き到着。

餃子専門店の「八方雲集」。街であれば台湾のどこでも見かける。

【注文方法付き】安くて美味しい八方雲集で本格餃子を食べてみよう!! ↑八方雲集 鍋貼(焼き餃子)・水餃(水餃子) 大家好!! たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます...

しかし朝から餃子はなかなかヘビーなので、朝ごはん屋さんへ。

僕が頼んだのは韭菜盒。ニラを中に挟んだ食べ物。

餃子よりヘビーだった。

 

太麻里を出てからもなかなかの絶景。昨日で海は見飽きたが、ちょっと間を空けて海を見るとやはり良き。

 

台東市区内が見えてくる。(右端に見えるやつ)

 

このあたりは釈迦という果物が有名なのだそう。

釈迦の名前の由来は、釈迦のぐるぐるの髪の毛である螺髪に似ているところから来ているそう。

またまた釈迦発見。

一旦お昼休憩。

東部に入ってからはもっぱらコンビニ飯。

今日は前から気になっていたチャーハン。鶏肉がぷりっぷりでうまい。

 

ご飯休憩も済み出発。

台東市內到着

合計5時間以上歩き、ついに台東市内入り。

まだ街感は感じられないなと思っていた矢先東部初のスタバ発見。

 

貧乏大学生はただ見るだけ。強力すぎる誘惑に飲み込まれないうちに通り過ぎる、

がっつり市内なのにもかかわらず、牛がうろちょろ。

さすが台東。

その後、街の中心地を歩いていると69元(約250円)で替え玉し放題(平日限定)のラーメン店発見。

 

思わず店内に入ってしまう。

スタバの誘惑には勝てたが、ラーメンの誘惑に負けてしまうのが、いかにも男子大学生らしい。

味は普通。

その後ふとメニューを見てみると「台湾ラーメン発見」。

まさか台湾ラーメン(笑)が台湾にあるとは。台湾人はこの台湾ラーメンを見て何を感じるのであろうか。

台東市内をぶらり

無事ホステルに到着し、手続き済ませいざ台東市内観光へ。

向かったのは「鐵道藝術村」。

このあたりがかなりオシャレなだけあって、地元のオシャレな若者が集まっている。

夜に来るのもまた違って良いと言われたので、とりあえず先に台東夜市へ。

西部に比べて果物を売っているお店が多い。

 

そんな感じでぶらぶら時間をつぶしていると、あたりはすっかり暗くなる。

 

 

ということで夜の「鐵道藝術村」へ。

先ほどの風鈴がまた違った様相を帯びる。

あたりはクリスマスムード。そういえば明後日はクリスマスイブ。

これまで1人でクリスマスを過ごしたことはなかったのだが(家族と過ごしていた)、今年は恐らく1人でクリスマスを祝うことになりそうだ。

 

ちょっとだけ豪華なものでもコンビニで買って1人食べるとするか。

台湾一周40日目グルメ

本日泊まった場所

台湾一周40日目に泊まった場所は「Hostel Who Knows」。

バックパッカー部屋で値段は375元(約1,350円)。

「Hostel Who Knows」の特徴➤

  • 台東市の中心地にあり、アクセスが良き
  • パソコン使用可

 

ホステルにしては洗濯機、乾燥機はないのが難点。

それでも値段は安いので台東に安くで泊まりたい方はぜひ!

次回「第41話」台東観光

台湾一周中はこのように日本時間20:00に毎日ブログを更新していこうと思うので、ぜひみていただけると嬉しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

以上たつきちからでした!!

明日も見ていただけると嬉しいです。明天見!!

 

最新情報はTwitterとInstagramから↓

Twitter

たつきちのツイートはこちら

 Instagram

@shuhecun

たつきちのアカウントはこちら

 

 

台湾1周約1000km歩きます
【報告】普通の大学3年生が「徒歩で」台湾1周約1000kmに挑戦します!!大家好!! たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。 今年の3月11日に台湾留学してからちょうど7ヶ月が経過しま...