徒歩で台湾1周「徒步環島」

【台湾一周第38話】「過酷過ぎる…終わらない山続き」屏東 旭海〜台東 大武

本日の歩いたルート・徒歩距離

台湾一周38日目に歩いたルートは屏東 旭海〜台東 大武。

徒歩距離は38km。

朝6時半にいざ出発

今日はグーグルマップで約9時間歩かなければならないと表示されていたので、日の出ぴったりの6時半にホステルを出発。

歩いて行くとどこも原住民のデザインが全面に出ていて、興味深い。

このあたりはどの民族の人たちが住んでいるのだろうか。

はたまた台湾一周で一日中歩いていると、太陽の位置に敏感になる。日没までに目的地につかないとシャレにならないので、休憩は極力控え先へ進む。

食べ物・トイレ問題

この日は完全に山道のため、トイレや売店はほぼない。(売店に関してはあるのはあるのだが、閉まっている)

ということで朝ごはん・昼ごはんはなしか…と絶望している矢先、母から出発前にカロリーメイト(的なもの)を渡されていたのを思い出し、休憩時に食べる。

カロリーメイトを食べていると、集まってきた猫たち。

台湾一周に来てから、猫アレルギーでないことがわかったので以前に増して好きになっている自分がいる。

猫たちにあげたい気持ちもあるが、人間が食べるものを猫に与えてはいけないとどこかで聞いたので、1人で食べる。

すまぬ猫たちよ。

 

そして山道のトイレどこでするか問題についてだが、朝飯・飯飯がこれだけだったので、トイレに行きたくなることもなかった。

このあたりは地味に車が通ることもあるので、大の便意を感じることがなくて本当に良かった。

 

これが逆にどこかで突然の便意など感じていたものなら大変なことになったであろう。

 

果てしなく続く下り道

ここからは2時間少しほどの下り道。

 

これまで10数キロほど休憩少なめで歩いてきたので、かなりきつい。

とはいってもこの下り道でも休憩できる場所はないので、ひたすら歩いて行く。

そしてついに1日半(約50km)ぶりのセブンイレブン。

 

腹ペコかつ休憩全くできていなかったので、見つけた時はまさに涙が出るレベルで感動。(大げさではない)

そして最後の力をふり絞り(まだ後10km弱ほどあるが)、なんとかセブンイレブン内へ。

少し豪華にパスタを購入。

 

腹が減った時の飯はこんなにうまいのかと1人感動しながら、20分ほど休憩。

 

そうゆっくりもしていられないので、休憩で回復した体力と気力を使って歩き始める。

最後は海岸線

最後は海岸線をただただまっすぐ進んで行く。

やはり歩く際は山道に比べて海岸線の方がテンションが上がる。

最後8kmほどではあったが、なんとか最後まで上がったテンションを保ち続け目的地に到着。

 

明日はひたすら海岸線を30kmほど歩き続ける予定。

3日連続30km越えとなかなかハードだが、それもそれで充実感があって良し。

台湾一周グルメ

台湾一周38日目に泊まった場所

台湾一周38日目に泊まった場所は「山葡萄驛棧」

1人部屋で800元(約2900円)。

特徴➤

  • オーナーさんが親切で優しい
  • アメニティ付き
  • 洗濯機あり(無料)

 

中は普通の普通の民宿ですね。オーナーさんが優しいのでこのあたりに来た方はぜひ。

次回「第39話」台東 大武〜台東 太麻里

台湾一周中はこのように日本時間20:00に毎日ブログを更新していくので、ぜひみていただけると嬉しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

以上たつきちからでした!!

明日も見ていただけると嬉しいです。明天見!!

 

最新情報はTwitterとInstagramから↓

Twitter

たつきちのツイートはこちら

 Instagram

@shuhecun

たつきちのアカウントはこちら

 

 

http://taiwanheliuxue.com/study/huandaobaogao