徒歩で台湾1周「徒步環島」

【台湾一周第34話】「海角七號のロケ地へ」屏東 枋山〜 屏東 恆春

本日の歩いたルート・徒歩距離

台湾一周34日目に歩いたルートは屏東 枋山〜屏東恆春。

徒歩距離は35km。

豪華すぎる朝ごはん

昨日泊まったホステルは朝食付きということで、食券を店員さんに渡しご飯が来るのを待つ。

朝ごはんはこんな感じ。

果物・パン・ウインナー・卵など豪華すぎるラインナップ。

普通のホテルならこのクオリティーなのもわかるが、2000円もかからないホステルでこの朝ごはん。

 

そういえばこれまで台湾一周中、どれもその地域で一番安いホテル・ホステル(200元〜1000元)を選んできたが、どこもサービスが良くはずれが全くない。

 

逆に個人で経営されている場所が多く、オーナーさんとの距離が近いので、仲良くなれることもある。

 

なのでお金に余裕が出てきたとしても、台湾に遊びに来た際は安い宿に泊まることとしよう。

ホンさんとの再会

昨日に引き続き今日も左に山、右に海が見える景色を両目に歩いて行く。

歩いて2時間半ほど経ったであろうか。僕の前に一台の車が停まり、こちらに1人の男の人が向かってくる。

見てみると、以前高雄観光でバイクに乗せてくれたホンさんと奥さんだ。

聞くところわざわざこんなところまで仕事前に車で来てくれたそう。

 

差し入れのドリンクとお菓子を頂き、明日また僕が徒歩でまわれなかった場所を車で連れて行ってくれるとのこと。

 

ホンさんには何から何までお世話になりっぱなしだが、感謝して今回は甘えさせてもらおう。

Giveのリレー

その後も歩いていると、またしても車が停まり、1人の男性がこちらにやってくる。

「日本人ですか?…」と流暢な日本語を話す、元々日本語学科の学生だったそう。

その後1000元(約3600円)を取り出し、「あげるよ」と彼は言う。

というのも彼も以前徒步環島をしたことがあり、その時におばちゃんから1000元をもらったことがあるとのこと。

 

その時にそのおばちゃんから、もし次に同じようにチャレンジしてる人がいたら、この1000元を渡してくださいと言われたそう。

 

そしてその時で君もまたチャレンジしている人を見つけたら、同じようにしてあげてねと1000元渡してくれた。

 

この話を聞いていると感動して少しうるっときてしまったが、僕もこのリレーをつなげられるようまずは台湾一周を達成して、このバトンを次の人に渡せるようにしようと思う。

海角七號のロケ地へ

朝から合計6時間少しほど歩いてようやく今日の恆春にあるホステルに到着。

その後近くにある恆春市内を散策。

↑街並み

 

歩いていると台湾の大ヒット映画「海角七號」の主人公 阿嘉の家を発見。

元々この映画は見ていたので、さっそく入ってみることに。

 

二階へ行くには50元(約180円)かかるとのことだが、せっかく来たということで行ってみる。

今日はたくさんの出会いがあったり、「海角七號」のロケ地に行ったりと大満足の一日であった。

台湾一周34日目のグルメ

本日の泊まった場所

台湾一周34日目に泊まった場所は「蘇老爹」。

値段は直前割引で640円(約180元)。

蘇老爹の特徴➤

  • とにかく安い
  • 洗濯機使用可(無料)
  • テラス付き
  • 受付のお兄さんが優しい

とにかく安いのに、しっかりとしたホステルなので環島などでこちらに来た際はぜひ!

次回「第35話」屏東 恆春〜屏東 鵝鑾鼻

台湾一周中はこのように日本時間20:00に毎日ブログを更新していくので、ぜひみていただけると嬉しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

以上たつきちからでした!!

明日も見ていただけると嬉しいです。明天見!!

 

最新情報はTwitterとInstagramから↓

Twitter

たつきちのツイートはこちら

 Instagram

@shuhecun

たつきちのアカウントはこちら

 

 

台湾1周約1000km歩きます
【報告】普通の大学3年生が「徒歩で」台湾1周約1000kmに挑戦します!!大家好!! たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。 今年の3月11日に台湾留学してからちょうど7ヶ月が経過しま...