徒歩で台湾1周「徒步環島」

【台湾一周第30話】「台湾一周前半戦終了」高雄観光

小琉球に行こうと思っていたが…

今日の予定としては朝の10時ごろまでにブログを書き終えて、その後小琉球に行くというつもりだった。

しかし思ったよりも小琉球に行ける港「東港」が遠く(約30km)、交通機関を使うのもショートカットっぽくて嫌だったので、今回は行くことを諦めることとした。

ということで今日はゆっくり高雄の街をぶらり。

今日で台湾一周もついに1ヶ月

特に高雄の観光地を訪れたわけではないので、今日の記事は前半の振り返り。

 

というのも本日で台湾一周を始めた11月13日からちょうど1ヶ月。

 

始めの頃は慣れない一人旅に加えて(台湾来るまでに、国内でも1人で旅行したことは一度もない)、一日中歩き回り、そして毎日ブログ更新という日々にかなり疲労していた。

 

しかしその疲労以上に、これまでたくさんの台湾人の方に「加油・がんばって」と応援の声を掛けていただいたり、ドリンクやご飯をごちそうしてもらうなど歩く活力をいただいてきた。

 

 

また街中だけでなく、食べ物屋さんのオーナーからご飯代はいらないよと言ってもらったり、ホステルのオーナーと一緒にご飯に行ったりもした。

そのどれもがかけがえのない思い出だ。

 

 

 

台湾はグルメ、スポットも魅力的。

 

でも一番台湾の何に魅せられるのか、何に虜にさせられるのかというとやはり「人」だ。

「人の優しさ」だ。

 

もちろん台湾一周に行く前の留学期間からそんなことわかってた。

 

台湾は「人」が魅力的だって。

 

でも徒歩で台湾一周していると、もうそれはそれはぽかぽかした気持ちを通り越して、心が熱くなって、しまいには痛くなるぐらいにひしひしと「台湾人の人の良さ」を感じさせられるのだ。

 

そんな人を瞬く前に虜にしてしまう「台湾」の徒步環島。

 

これまで以上に気合を入れて歩き、台湾にて目で見たもの・耳で聞いたものをどんどん発信していきます。

 

残り一ヶ月。後半戦いざスタート。

台湾一周30日目グルメ

本日泊まった場所

台湾一周30日目に泊まったのは「D’well Hostel」。

ここのホステルの値段は350元(約1260円)。

今回はサービスということで4人部屋に移してもらいました。

 

客層は感覚的に欧米系が多いので、欧米系の友人を作りたい際におすすめ。

またここのホステルはコーヒー飲み放題なので、作業などしたい方にはぴったりです。

 

部屋・手洗い場などは他のホステルと変わらずといった感じでした。

次回「第31話」高雄市区〜屏東  東港

台湾一周中はこのように日本時間20:00に毎日ブログを更新していこうと思うので、ぜひみていただけると嬉しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

以上たつきちからでした!!

明日も見ていただけると嬉しいです。明天見!!

 

最新情報はTwitterとInstagramから↓

Twitter

たつきちのツイートはこちら

 Instagram

@shuhecun

たつきちのアカウントはこちら

 

 

台湾1周約1000km歩きます
【報告】普通の大学3年生が「徒歩で」台湾1周約1000kmに挑戦します!!大家好!! たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。 今年の3月11日に台湾留学してからちょうど7ヶ月が経過しま...