徒歩で台湾1周「徒步環島」

【台湾一周第19話】「タイムリミットまであと少し。嘉義横断大作戦」嘉義市内〜嘉義 布袋

本日の歩いたルート・徒歩距離

台湾一周19日目に歩いたルートは嘉義市内〜嘉義 布袋

徒歩距離は約33km。

少し寝坊。朝から苦戦強いられる

先ほどの徒歩距離は約33kmということだったが、グーグルマップ上では徒歩距離約37kmとこれまでで最長距離。

ということで朝6時頃には出発したかったのだが、少し寝坊し7時に出発。

ほんの1時間だが、この一時間があるのとないのとでわけが違う。

 

時間に余裕を持って歩こうとしてた予定は総崩れ。今日はかなりハードな一日になりそうだ。

 

辺りが暗くなる17時までに目的地に到着する作戦としては午前中に「1時間半徒歩、20分休憩」の3本セット。

午後には「1時間徒歩、20分休憩」の3本セット+念のため1時間残しておくことにした。

 

この作戦で嘉義市内から嘉義の港町「布袋」に向けて出発。

 

晴れて北半球の南側へ

まずは市内から嘉義市内の少し外側にある嘉樂福夜市を発見。

夜市だけあってやはり朝はどこも開業していない。

 

市内を出て少し歩くと、北回帰線太陽館に到着。

ここからは晴れて北半球の南側へ歩いて行くことになる。

 

北回帰線太陽館から少し歩き環島1号線からは外れ、西に進んで行く。

午前中の3セットが予定通り終了し、嘉義の中心に位置する鹿草という街でお昼タイム。

ということで目にとまったお店「和樂食堂」のメニューを見てみるとどれも300元(約1080円)ほどするお店だったので、出ていこうとする。

 

すると突然店主さんが「徒步環島??日本人??」と聞いてきた。今日はボードを付けてないにも関わらず。

 

なぜだろう??と考えていると、「サービス!!チャーハン、スープOK??」と言ってくれたので、ここでご飯を食べることに。

牡蠣スープはこれまで飲んだ中で一番うまし。

 

後からなぜ僕が徒步環島をしていることがわかったのか聞いてみると、以前Facebookで僕のことを見かけたことがあったからだそう。

ポストしていただいた方にもごはんをごちそうしていただいた店主にも本当に頭が上がらない。

というわけでそんなことを考えながら昼ごはん完食。

永遠と狭い田舎道を進む

このままゆっくり休憩していたいが、時間も迫っているので、食べ終わるとすぐに出発。

今回は大通りがなかったので、野犬に遭遇しないことを祈りながら少し狭い田舎道を進んで行く。

 

 

数匹野犬を見かけたものの、向こうはこちらに気づくことはなかったので事なきを得て、無事嘉義の港町「布袋」に到着。

布袋のインスタ映えスポット「高跟靴教堂」へ

夜は布袋のフォトジェニックスポット「高跟靴教堂」へ。

暗闇の中きらびやかに光るハイヒールは僕の心に明かりをともしてくれはしませんでした。

男一人さみしくイルミネーションを見ながら、次は女性とここでハイヒールを鑑賞できるように精進しよう、そう思った一日であった。

台湾一周19日目グルメ

台湾一周19日目に泊まった宿

台湾一周19日目に泊まった宿は「Light Shadow Hostel」

値段は600元(約2160円)。

 

先ほど紹介した高跟靴夜市から歩いて5分ほどの場所にあるので、アクセスも良き。

普通のホステルと部屋・手洗いは変わらずといったところ。洗濯機は無料で使えました。

布袋付近に安くで泊まりたい方におすすめ。

次回「第20話」嘉義 布袋〜台南 西港

台湾一周中はこのように日本時間20:00に毎日ブログを更新していこうと思うので、ぜひみていただけると嬉しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

以上たつきちからでした!!

明日も見ていただけると嬉しいです。明天見!!

 

最新情報はTwitterとInstagramから↓

Twitter

たつきちのツイートはこちら

 Instagram

@shuhecun

たつきちのアカウントはこちら

 

 

台湾1周約1000km歩きます
【報告】普通の大学3年生が「徒歩で」台湾1周約1000kmに挑戦します!!大家好!! たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。 今年の3月11日に台湾留学してからちょうど7ヶ月が経過しま...