徒歩で台湾1周「徒步環島」

【台湾一周第17話】「嘉義市内をぶらりと巡る一人旅」嘉義市内

嘉義トップレベルのクオリティ「劉里長雞肉飯」

目が覚めると、さっそくお腹がすいてきたので、嘉義トップクラスのおいしさを誇ると評判が高い雞肉飯のお店「劉里長雞肉飯」へと向かう。

今回は加蛋(卵付き)で注文。

注文を終え、しばらく何をして待っておこうか考えていると、ほんの30秒ほどで雞肉飯到着。

今まで食べた雞肉飯の中で一番うまし。量はあまり多くないので一瞬で食べ終わる。

店舗のない杏仁茶店「炭焼杏仁茶」

次に向かったのは店舗がなく、路上で杏仁茶が頂けるという「炭焼杏仁茶」へと向かう。

行ってみると、おじいさんが1人杏仁茶を黙々と入れている。

そこで自分も同じものを注文。

油條(揚げパン)と杏仁茶合わせて40元(約150円)。

清潔感がないとダメな人にはかなり厳しいが、台湾のローカル感を味わいたい人にとってはこれほどいいお店はない。

実はこのお店調べたところ70年以上続いているそう。

 

時代の潮流にもめげず、同じスタイルを貫き通す姿勢に感服しながら、1人黙々と杏仁茶を飲み干すのであった。

嘉義公園を散歩

次に向かったのは嘉義公園。

↑嘉義市内はいたるところに野球映画「KANO」の面影がある。

僕はまだこの映画を見たことがないので、あまり感動することはないが、この映画を見た人にとっては感動する節もあるかもしれない。

↑孫文像

孫文は台湾の至るところにいる気がする。

その後も次々と面白そうなものを見つけるたびパシャリ。

公園内には孔子廟も。

これまで台北・台中の孔子廟は見てきたので、これで3つ目。

 

台北にある孔子廟はこちらから↓

圓山にある観光地 保安宮と孔子廟
休日は圓山でぶらりと観光!無料でまわれる保安宮と台北孔子廟へ このような願望に答えます。 当記事の内容 実は観光地ぞろい「圓山」 保安宮と台北孔子廟について ...

 

最後に訪れたのは嘉義公園最大の見どころ「射日塔」。

地味に高い。登るのに50元(約180円)かかるということだが、せっかくなので登ってみる。

↑せっかくなら女の人と一緒に来たかったものよ。

高所恐怖症の自分にとっては絶対に立ちたくない場所の一つだ。

この上に立てる人の気が知れない。

 

そんなことはさておき、上へ進む。

↑カフェも併設。

日本統治時代に建設された刑務所「獄政博物館」

次に向かったのが「獄政博物館」。入場は無料。

ここは日本統治時代の面影が残る歴史スポットの一つということで、せっかく嘉義に来たので行ってみることに。

今回は13:30まで待ち、中へ入る。

 

こんなところで閉じ込められるのはきついなぁ。

歯医者もあったよう。

合計滞在時間は1時間半ほど。添乗員さんについて回るが話している言語が中国語なので地味にきつい。

歩くよりもずっと立ち止まる方が辛いのかもしれないなと思った17日目の昼であった。

オシャレなカフェで休憩

その後は檜意森活村内にある森カフェにて休憩。


オシャレなカフェはなかなか予想外なことをしてくる。

ということで今日一日はこんな感じ。

嘉義観光を楽しんだので、明日はせっかくなので嘉義から阿里山へ行って見ることにする。

 

台湾一周17日目のグルメ

台湾一周17日目に泊まった場所

台湾一周17日目に泊まったb場所はカフェ併設のホステル「風箏旅人」。

入った瞬間きらびやかなお花が迎えてくれます。

男女混合の6〜7人部屋で299元(約1080円)

安くて少しオシャレなホステルに泊まるのであれば、ここのホステルに泊まるのもいいでしょう。

次回「第18話」阿里山

台湾一周中はこのように日本時間20:00に毎日ブログを更新していこうと思うので、ぜひみていただけると嬉しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

以上たつきちからでした!!

明日も見ていただけると嬉しいです。明天見!!

 

最新情報はTwitterとInstagramから↓

Twitter

たつきちのツイートはこちら

 Instagram

@shuhecun

たつきちのアカウントはこちら

 

【台湾一周第18話】「アクシデントの連続。。どうなる!?阿里山観光」奮起湖 台湾一周の最強アイテムはこちらから↓ 【台湾一周準備編】持ち運べる洗濯機「スクラバウォッシュバッグ」が最強すぎる 【台湾一周...
台湾1周約1000km歩きます
【報告】普通の大学3年生が「徒歩で」台湾1周約1000kmに挑戦します!!大家好!! たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。 今年の3月11日に台湾留学してからちょうど7ヶ月が経過しま...