台湾留学記

台湾留学2ヶ月目。台湾で楽しい思い出をいっぱい作る(意味深)

台湾留学2ヶ月目

大家好!!

たつきちの台湾ブログへご訪問いただきありがとうございます。

大学生たつきちです。

 

この2ヶ月目は留学の醍醐味(?)である恋愛などがメインの月となりました。

 

ということでこの記事では、僕の恋愛をはじめとした台湾留学2ヶ月目の振り返りを行っていきたいと思います。

ではどうぞ。

 

2ヶ月目 中国語の上達度など

該当期間

 

2018年4月11日~5月10日

 

中国語の上達度

2ヶ月目終了時点での中国語レベル

詳しくは後述しますが、2ヶ月目は1か月目に比べるとネイティブと話す機会が格段に増えました。

なので以前と比べるとスピーキング力が上がったような気もしますが、まだまだ全然話せません(笑)

そんな感じで中国語はまだまだな自分ですが、なんとか生活はできているのでよしとします。

 

この半年間でネイティブが普通の速度で話すことを70%ぐらい聞き取れるようにはなりたい。。(切実)

台湾留学2ヶ月目の出来事

台湾初のロマンスか!?

この2ヶ月目で一番大きな出来事は好きな人ができたということです。

その子は台湾のショートカット女子。

そしてなんと台湾留学念願の夢【台湾の女の子と2人で九份デート】も達成しました。

ちなみにこのカメラの画質の良さ僕の写真映りの悪さのコントラストが効いた写真はその子が撮ってくれたものです。

 

うん。楽しかった。

今月は九分以外にも、その子と2人でカフェや夜の公園で一緒に酒を飲むなどかなり留学ライフを満喫することができました。

 

このことについての具体的なエピソードは、追々また違う記事で書きたいと思います。

〜追記〜

この時の記事をついに書いたので、興味があれば見に行ってやってください。

マレーシア人の友達ができたよ~

またベンチで中国語を勉強しているところ、同じく中国文化大学に通う学生のサポートをしてくれるマレーシアの友人と「你好」からなぜか会話が弾み、友達になりました。

彼は去年の夏ぐらいから学校にいるようで、聞き取りは自分よりもレベルは上。

 

前から薄々感じていたことなんですが、欧米圏の人や東南アジアの人って会話が日本人よりかなり上手な気がします。

日本人と違って、間違ってたらどう思われるだろうっていう心配をほとんどしていないからなのでしょうか。

とりあえず失敗は恐れずに進んで行くのみですね。

台湾留学2ヶ月目で気づいたこと

1か月に28人街中で台湾人に声をかけ、台湾の人たちの優しさを実感。

とりあえず何でもいいから行動を起こしたい!!ということで

街中にいる台湾人40人以上に声をかけるというノルマを自分自身の中で課しました。

結果目標達成とはなりませんでしたが、1か月で28人の人に声をかけることができました。

 

声をかける内容は基本的に

「このあたりでおいしくて、安いご飯屋さんありませんか?」

というもの。

 

「はあ!?」と声をかけられることもありましたが(台湾で「はあ!?」て言われても基本怒っているわけではありません)、

めげずに続けていると色んな人からいいお店をたくさん紹介してもらうことができました。

 

そして何より毎回親切に教えてくれる台湾の人の優しさを肌で実感することができました。

台湾2ヶ月目まとめ

台湾2ヶ月目は主にロマンスやチャレンジなどいろいろなことを経験することができ、1ヶ月と同じくらい濃い1ヶ月とすることができました。

まだまだこれから色んな出会いがあるのかと思うとワクワクしますが、1日1日精進していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上大学生たつきちからでした。

 

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら