台湾観光

【2019年版】台湾・台東観光の一人旅マニュアル【女子にもおすすめ】

  • 「台湾でどうやって宿を取るんだろう」
  • 「どうやって台東まで行くんだろう」
  • 「おすすめの台東観光地・グルメはどこなんだろう」

など、台東に一人旅予定がある方のこのような疑問に答えます。

 

当記事の内容

  • 台東のおすすめ観光スポット
  • 台東のおすすめグルメ
  • 台湾で宿を取る方法【超簡単です】
  • 台東おすすめ宿
  • 台東への行き方【台北からの行き方】

大家好!

たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。

台湾の観光地といえば、台北・台中・台南・高雄がまず挙がってくるかと思いますが、どれもが西部の街ばかり。

しかし台湾を語る上で絶対に欠かすことのできないのが「台湾東部」

台湾東部は西部に比べて、壮大な自然が広がり台湾人に広く親しまれています。

特に「台東」は東部の中でも自然との距離が近く、台湾で自然を満喫したい一人旅にはぴったりの場所。

 

でもいざ1人で観光するとなると宿の取り方や移動手段などわからないことがたくさん出てきますよね。。

そこで当記事では1人で台湾各地を渡り歩いた僕が、台東へのアクセス方法・宿の取り方・台東のおすすめ観光地など台東一人旅で必要な情報を解説していきたいと思います。

それではどうぞ。

 

1.台東観光おすすめ厳選4スポット

たつきち
たつきち
まずは台東のおすすめ観光スポット4つ紹介するね!

①鐵道藝術村

たつきち
たつきち
台東に来たら絶対に行っておきたいのが「鐵道藝術村」

ここは以前台東駅だった場所で、今では当時の鉄道文化とモダンな作品が混ざるフォトジェニックスポットとなっているよ!

がまきち
がまきち
なんかすごそうやな(笑)

もっと雰囲気知りたいから「鐵道藝術村」の写真見せて!

たつきち
たつきち
こんな感じかな。

僕が行った時はちょっとした音楽のライブやダンスのパフォーマンスも行われていたよ!!

➁台灣史前文化博物院

たつきち
たつきち
次に紹介するのは「台灣史前文化博物館」

ここでは自然生態、先史文化及び原住民文化など、台湾の源流について詳しく知ることができるよ!!

 

がまきち
がまきち
おー原住民についても詳しく知ることができるんか!

西部やとなかなか原住民について深く知る機会ないから、この機会に行って見ようかな。

たつきち
たつきち
うん。市内中心部にあるわけではないけど、台東駅から鉄道またはタクシーで行けば大丈夫!

原住民文化について興味のある人には本当におすすめだよ!!

↑最寄り駅の康樂站

➂多良車站

たつきち
たつきち
次は台湾で最も美しい駅と言われる「多良車站」

ここは鉄道ファンにも人気の場所なんだ。

がまきち
がまきち
山・海・鉄道の線路が一望できる駅なんか初めて見た!

たつきち
たつきち
本当に景色が綺麗な場所だったよ!

ただ2019年6月11日までは工事のため、しばらく閉鎖中とのことだから、その間は行かないように注意してね!!

 

➃台東観光夜市

たつきち
たつきち
台東観光夜市は木・金・土曜日限定で開かれる夜市だよ!

がまきち
がまきち
この夜市は何の食べ物が有名なん??

たつきち
たつきち
台東観光夜市は新鮮なフルーツが売られていることで有名だよ!

特に名物の釈迦頭は台東に来たら食べておきたいね!

↑釈迦頭

2.台東の一人旅おすすめグルメ

たつきち
たつきち
次は台東に来たら食べておきたいグルメを紹介するね!!

①榕樹下米苔目

たつきち
たつきち
まず紹介するのは台東の超有名店「榕樹下米苔目」

ここでは美味しい米苔目がいただけるよ!

がまきち
がまきち
米苔目??台北でそんな料理見たことないわ。

どんな食べ物なん??

たつきち
たつきち
米苔目は米粉でできた麺のことだよ!!

台東には米苔目と書かれたお店がわんさかあって、ここ「榕樹米苔目」はその中でも不動の人気を誇っているお店なんだ!

➁品甜屋

たつきち
たつきち
次もまたまた米苔目のお店「品甜屋」

さっきのお店は「米苔目」が麺料理として出されていたんだけど、ここ「品甜屋」は米苔目がスイーツとして味わうことができるよ!!

がまきち
がまきち
マジか。。米粉でできた麺のスイーツなんか美味しいん??

たつきち
たつきち
それが意外と米苔目のスイーツも食べてみると美味しかったよ!!

麺料理の米苔目もスイーツの米苔目も全く別物として考えた方がよさそうだね!

ぜひ台東に来たら両方の米苔目を食べてみるのがおすすめかな!

➂全美行池上便當

たつきち
たつきち
次は台湾が誇るお米の産地「池上」にある弁当屋さん「全美行池上便當」

がまきち
がまきち
台北でも有名な池上便當の池上って台東にあったんや!!

初めて知ったわ(笑)

たつきち
たつきち
そうだね!でも池上は台東市内ではなく台東と花蓮の間にある山線と呼ばれる場所にあるから、行く際は注意してね!

ここ以外にも「家鄉正宗池上飯包」、「悟饕池上飯包」など有名なお弁当屋さんもあるからそちらに行くのもありだね!

➃台東名物 釈迦頭

↑右が釈迦頭

たつきち
たつきち
最後に紹介するのはお店ではなく、台東名物のフルーツ「釈迦頭」

がまきち
がまきち
釈迦頭って変な名前のフルーツやな。(笑)

どんなフルーツなん??

たつきち
たつきち
「釈迦頭」は釈迦のくるくるとした髪の毛の螺髪から来てるそうだよ!

僕は台東に来て初めて釈迦頭を食べたんだけど、かなり甘くてクリーミーで美味しかった!

好き嫌いはある味かなと思うけど、台東に来たらぜひ食べておきたいフルーツだね!

3.台湾のWi-Fi事情

台湾の無料Wi-Fi事情

台湾では、登録すれば外国人でも使える「iTaiwan」という無料Wi-Fiがあります。

「iTaiwan」は、空港の「旅客服務中心」にて、楽々登録できますよ!

詳しくは【3分で完了】台湾の空港で無料Wi-Fi「iTaiwan」に登録する方法にて解説しています。

ただ正直、このiTaiwanは繋がらないことも多いため、過度に期待しすぎない方がいいでしょう。

台湾ではSIMカードかWi-Fiルーターを持っていくのが無難

台湾の観光中はGoogle Mapや検索などでネットを使う機会が増えます。

よほど海外に慣れているわけでないのであれば、無料Wi-Fiだけに頼るのではなく、台湾一人旅中は通信環境を整えておくのが無難ですよ!

  • SIMフリーの端末を持っている方→SIMカード
  • SIMフリーの端末を持っていない方→Wi-Fiルーター

を借りるのがおすすめです。

おすすめのWi-Fiルーター3選

①サポート重視なら「グローバルWiFi」

グローバルWiFiは24時間365日サポートを受け付けている安心・安全の無料Wi-Fi。

LineなどのSNSでもお問い合わせ可能なので、初めての海外一人旅におすすめです!

下のリンクから申し込むと、レンタル料金5%OFF、受け渡し手数料のキャンペーンが受けられますよ!

▶︎グローバルWiFiはこちら

②都合に合わせて受け取りたいなら「イモトのWiFi」

イモトのWiFiは空港だけでなく、配送、東京本社での受け取り、返却が可能です。

事前に準備しておきたい方におすすめのWi-Fiルーターです!

▶︎イモトのWiFiはこちら 

③コスパ重視なら「台湾データ」

安い値段で借りたい方におすすめなのが、「台湾データ」

4GLTEが一日使い放題でなんと590円。

台湾最大手の中華電信が提供する最新Wi-Fiルーターが使えるのも魅力の一つです。

▶︎台湾データはこちら

4.台湾一人旅での宿の取り方

台湾で宿を取るなら、HotelsCombinedを使うのがおすすめです。

というのもHotelsCombinedならBooking.comやAgoda、Expediaなどのホテル予約サイトの中から、一番安いのを選ぶことができるんです。

操作も簡単で10分ほどであれば、楽々予約できますよ!

僕も台湾一周中、50カ所ほどの宿に泊まったのですが、このサイトのおかげで一瞬にして良さげな宿に泊まることができました。

 

⇒HotelsCombinedでの予約はこちらから

 

またこれらの宿泊予約サイトを使用する際、クレジットカードが必要となることがほとんどなので、旅行前にはクレジットカードを持っておきましょう。

台湾観光前にエポスカードを持っておくのがおすすめです。

エポスカードなら入会費はもちろん年会費が永年無料。

それにも関わらず海外旅行の病気やけがに合った際最大270万円まで自動で保険がついてきます。

持っているだけで海外旅行保険の代わりになり、数千円〜節約できますよ!

5.台東一人旅の宿なら「途中,台東青年旅舍背包客」

台東に一人旅で来るなら「途中,台東青年旅舍背包客」がおすすめです。

「途中,台東青年旅舍背包客」はアジア人を中心にいろんな国の人とすぐに友達になれる雰囲気のゲストハウス。

僕が泊まった時は、中国人・香港人・台湾人の他の宿泊者の方たちと一緒に近くの夜市まで自転車に乗って行ったりするなど、ものすごくいい交流をすることができました。

台東駅から歩いてすぐなので、一人旅で海外の友人を作りたい方はぜひ!

 

➤途中,台東青年旅舍背包客で予約する

 

 

6.台北から台東へのアクセス方法

台北から台東へのアクセス方法

  1. 飛行機(松山空港から)
  2. 台鐵(電車)
飛行機 電車
所要時間 約50〜60分 約3時間半
費用 1388元(約5000円)〜 750元(約2700円)
注意事項 国内線は桃園空港ではなく、松山空港 台湾東部の普悠瑪と太魯閣のチケットは予約が困難

①飛行機に乗って台東へ

たつきち
たつきち
台北から台東には飛行機に乗っていくと一時間ほどで行くことができるよ!

がまきち
がまきち
飛行機で行く選択肢は全く考えてなかったな。

でも飛行機で行くのって結構値段高そう。。

たつきち
たつきち
確かに台湾の交通費を基準に考えると高いかもだけど、飛行機以外の交通機関で行くのがかなり難しいから飛行機を選ばざるを得ないところはあるね。(笑)

がまきち
がまきち
そうなんや!

それじゃいつもの桃園空港から飛行機に乗って台東にいけばいいんかな?

たつきち
たつきち
いや、桃園空港は国際線で台東への便がないから、国内線のある台北市内の松山空港から台東に行かないと行けないよ!

松山空港から台東に行く様子は台北から台東へ最速で行く方法!台湾国内線に初搭乗してみました。

を参考にしてね!

➁台鐵に乗って台東へ

たつきち
たつきち
台湾の東部には新幹線が通っていないから、飛行機以外なら台鐵に乗って台東に移動する必要があるよ!!

特に東部は「普悠瑪号」(プユマ号)と「太魯閣号」(タロコ号)が主に運用されているから、これらの系統に乗れないと東部に行ける選択肢が一気に減ってしまうんだ。

がまきち
がまきち
なるほど!それじゃ普悠瑪号か太魯閣号に乗っていけばいいんやな!

たつきち
たつきち
うん。でも、この二つの系統はどちらもすぐに売れ切れてしまって、予約することがかなり難しいことで有名なんだ。

だからこれらの台鐵の系統に乗る際は必ず乗車2週間前に予約することを忘れないようにね!(これでも予約できない可能性も高いけど。。)

インターネットでの予約開始時間は台湾時間で午前12時、日本時間で午前1時です。

➤台鐵の予約方法は台鉄(台湾鉄路)の特急チケットを予約サイトでオンライン購入する方法を参考にしてください。

【参考①】宜蘭までバスで行き、そこから台鐵に乗って台東へ

たつきち
たつきち
上記の飛行機orバスが直接台東に行く方法なんだけど、一応それ以外にも台東に行ける方法はあるよ!

その方法は

  • バスで宜蘭駅へ
  • 宜蘭駅から台鐵に乗って台東へ

といった混雑を避けるちょっとした裏技。

 

台北轉運站から宜蘭駅に行くバスの情報

バス会社 葛瑪蘭客運
運賃 137元(約500円)
乗車時間 約85分

 

たつきち
たつきち
宜蘭駅⇔台東駅は台北駅⇔台東駅と比べて台鐵のチケットが比較的取りやすいから、こっちで行くのもありだね!

【参考➁】高雄or花蓮から直接台東に行くことも可能

たつきち
たつきち
高雄or花蓮で乗り換えて、そこから直接台東に行くという方法もあるよ!

 

花蓮から台東に行けるバス情報

路線 1127路 8119路
バス会社 花蓮客運 鼎東客運
運賃 514元(約1850円) 533元(約1920円)
所要時間 約4時間15分 約4時間15分

 

高雄から台東に行けるバス情報

路線 1778路
バス会社 國光客運
運賃 527元(約1900円)
所要時間 3時間30分

がまきち
がまきち
もし高雄・台東も合わせて観光したい時はこの方法で行こうっと!

7.台東一人旅まとめ

台東1人旅まとめ

  • 台東おすすめ観光地
  1. 台東一オシャレな場所「鐵道藝術村」
  2. 台湾の原住民文化を知るなら「台灣史前文化博物館」
  3. 台湾一綺麗な駅「多良車站」
  4. 台東名産のフルーツが並ぶ「台東観光夜市」
  • 台東おすすめグルメ
  1. 台東に来たら必ず行きたい「榕樹下米苔目」
  2. 米苔目のデザートなら「品甜屋」
  3. 池上弁当を本場で味わうなら「全美行池上便當」
  4. 台東の有名なフルーツといえば「釈迦頭」
  • 台東おすすめ宿
  1. 外国人の友人を作るなら「途中,台東青年旅舍背包客」

台東は他の台湾の都市と比べても、あまりメジャーではありませんがその分日本人も少なく、海外一人旅の雰囲気を存分に味わえる場所かと思います。

もし台東に興味ある方はぜひ行って見てくださいね!!

 

当記事が少しでも台東一人旅の足しになれば幸いです。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上たつきちからでした。

再見!!

当記事を読んだ方におすすめの記事