ローカル台湾観光

ハイヒール教会とは何ぞや!?嘉義の港町「布袋」はかなりの穴場でした。

嘉義の港街「布袋」にある、フォトジェニックスポット「ハイヒール教会」をご存知ですか??

 

大家好!!

たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

嘉義の港町「布袋」にはギネス記録登録されている「ハイヒール教会(高跟靴教堂)」があるということで台湾一周中に男1人どんなものなのか確かめてきました。

 

ここ「布袋」はあまり知られてない割に、他にも取れたての海の幸が並ぶ市場もあるということで、台湾好きにおすすめしたいかなりの穴場。

 

ということで今回は嘉義の港町「布袋」についてレポートしていきたいと思います。

それではどうぞ。

嘉義の港街「布袋」到着

この日は徒歩での台湾一周中で嘉義市内から嘉義 布袋まで歩くという計画を立てました。

【台湾一周第19話】「タイムリミットまであと少し。嘉義横断大作戦」嘉義市内〜嘉義 布袋 台湾一周の最強アイテムはこちらから↓ 【台湾一周準備編】持ち運べる洗濯機「スクラバウォッシュバッグ」が最強すぎる 【台湾一周...

西に向かって歩き続け、無事ギリギリ太陽が沈む前に台湾の西海岸にある「布袋」に到着。

野良犬が数匹ほど寝ている。。

さすが台湾の田舎街。(笑)

 

台湾の田舎町はそこら中でリードがつながれていない犬や野犬がたくさんいるので、近づかないのが身のためです。

 

さてこの大きな橋を渡ると、魚市場「布袋港漁市」が目に入ってきました。

中に入ってみると、美味しそうな魚がたくさん並んでいます。

美味そう。。

 

ただまだホステルに荷物は置いてないので、夕食はまだ我慢。

 

ここから5分ほど歩き、今日泊まるホステル「光影民宿」に到着。

値段は600元(約2160円)。

台湾のホステルにしては少し高めですが、この付近では最安値。

布袋の魚市場でいざ海鮮食い

ホステルに荷物を置き、さっそく夕食を食べに市場へGO!

 

「うぉー!!!!サーモン美味そう。。」(心の声)

まんまとサーモンというエサにつられた僕は吸い込まれるがごとく、お店の中へ。

確かこのサーモンで200元(約700円)ほど。

少々値段はするが今日はたくさん歩いたから、そのご褒美ということでいただきます。

 

う、美味すぎる、、、

このサーモンの分厚い脂身よ。。これまでスシローの薄いサーモンしか食べてこなかったワシにとっては、もう成仏寸前。

がまきち
がまきち
勝手に成仏しとけ

1人で誰と取りあうわけでもなく、時間に身を委ねながら刺身を一切れごとに味わいながら食べれる喜び。

がまきち
がまきち
お前心狭いな

これだけでは僕の腹は収まってはくれない。ということでここで台湾一周で培った伝家の宝刀を繰り出します。

 

「高級店で炒麵か炒飯を選択」

 

がまきち
がまきち
説明しよう。

一品200元(約700円)以上と少し値段が高めのお店で食事するとなれば、貧乏バックパッカーにとってはもう火の車。

しかしそんなお店でも炒飯か炒麵なら、50〜100元(約200〜400円)で食べれる場合がほとんど。

なのでこれらの炒麵か炒飯を選択し、安価で腹を一杯にしようというお店に迷惑この上ない行為なのである。

よしこれで腹は満たされました。

※この炒麵は60元(約200円)でした。

ハイヒール教会は男1人で来る場所ではなかった

次はこのままホステルで貸していただいた自転車に乗って、ハイヒール教会へGo!

 

 

横から見てみるとこんな感じです↓

で、でかい。

 

 

前から見ると、あんまりハイヒール感はないですね。(当たり前)

またここハイヒール以外にもたくさんのフォトジェニックな場所があるんです。

まずはこのかぼちゃの馬車。

男一人で来た僕は乗ることもできず、ただカメラをパシャリ。(こんな時彼女がいればなぁ)

他にも巨大マグカップや巨大リングもありましたよ!

 

こんな感じで「布袋」は(カップルで来たら)かなり楽しめる穴場スポットでした!!

次の日朝起きると街中霧が広がっていました。

布袋にあるハイヒール教会の基礎知識

ハイヒール教会は中国語で「高跟靴教堂」(ガオゲンシュエジャオタン)と言います。

高さ約17m、幅約11mの大きさでその大きさはハイヒール型の建築物としてギネス記録に認定されています。(まずそんな建築物他にあるのか…??)

しかし一見華やかに見えるハイヒール教会も実は悲しい歴史がありました。

1960年代嘉義では「鳥脚病」が流行っており、1人の若い女性が結婚前にこの病気を患ってしまい、両足を切断しなければならなくなってしまいました。

 

そしてそのことが原因で彼女は結婚することを諦めたそう。

このようなことが起きないようにと作られたのがこのハイヒールのオブジェなのです。

嘉義市内から布袋への行き方

嘉義市内から布袋に行くには、電車は通ってないのでバスかタクシーで乗っていく方法しかありません。

バスは嘉義火車站(嘉義駅のバス停)の7209番に乗ると、一本で布袋まで行くことができます。

 

値段は悠遊カードを使えば109元(約400円)、現金なら124元(約450円)です。

 

悠遊カードはこちらから↓

悠遊カードを桃園空港で購入する方法
【初台湾の方必見】悠遊カードを桃園空港で簡単に購入する方法 このような願望に答えます。 当記事の内容 悠遊カードとは?? 桃園空港で悠遊カードを購入する方法 ...

 

時間は一時間半ほどで到着するとのことです。

詳しく値段が知りたい方は嘉義客運のサイトを参考にしてください。(嘉義-布袋港の票價をクリックすると確認できます)

時刻表はこちら

 

また台北以外のローカルなバスに乗る場合はこのアプリがかなり使えるので、インストールしておくことをおすすめします。

台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄/國道客運)

台灣公車通 (台北/桃園/台中/台南/高雄/國道客運)
開発元:skystar
無料
posted withアプリーチ

嘉義の港町「布袋」まとめ

嘉義 布袋という街はかなりマイナーということもあり、台北に住んでいた頃は聞いたこともありませんでした。

ただここは魚市場やハイヒール教会などたくさんの見どころがあるため、台湾の穴場が好きな方やカップルにとっては大いに楽しめる場所だと感じました。

嘉義市内からも一本で行けるため、もし興味がある方はぜひ行って見てくださいね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

以上たつきちからでした。

再見!!

当記事を見た方におすすめの記事はこちら

台湾観光前にエポスカードを持っておくのがおすすめです。

エポスカードなら入会費はもちろん年会費が永年無料。

それにも関わらず海外旅行の病気やけがに合った際最大270万円まで自動で保険がついてきます

持っているだけで海外旅行保険の代わりになり、数千円〜節約できますよ!