台湾おすすめグルメ

【おすすめグルメ付き】歴史好きなら孫文の足跡を巡る国父紀念館へ!

国父紀念館の孫文像

「観光地で国父紀念館っていう場所があるって聞いたけど、どんな場所なんだろう?国父紀念館付近のおすすめグルメも知りたいな」

このような疑問に答えます。

 

当記事の内容

  • 国父紀念館ってどんな場所?
  • 国父紀念館の見どころ
  • 国父紀念館付近のおすすめグルメ

 

大家好!!

たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

台湾の歴史的なスポットとしては「故宮博物院」、「中正紀念堂」などが有名なので、まずはそちらに行く方も多いと思います。

しかしこれらのスポットには知名度が少し下がってしまいますが、台湾・中国・日本の歴史好きなら一度は行っておきたいおすすめスポットが「国父紀念館」です!。

「国父紀念館」は中華民国建国の父である孫文の偉業を称え建てられたもので、総面積約4万㎡もある記念館なんです。

そこで今回は台北にある観光スポット「国父紀念館」について紹介したいと思います。

1.国父紀念館ってどんな場所?

国父紀念館」孫文の業績を称え生誕100年を記念して建てられました。

参観は基本無料なので、誰でも自由に出入りができます。

※展示会は有料となります。

2.国父紀念館の基本情報(アクセス・営業時間)

アクセス MRT国父紀念館駅(青色の線)
営業時間 9:00〜18:00
休業日 旧暦の大晦日・元旦

 

3.国父記念館の見どころ

衛兵交代式

中正紀念堂・忠烈祠と同様に「衛兵交代式」が1時間ごとに行われます。

交代式は9:00〜17:00でちょうど1時間ごとに10分間行われます。

中正紀念堂に比べ、近くで見ることができるのが特徴的。

無料展示

ホールの両側には孫文の資料や著作などが数多く展示されているので、交代式だけでなく、これらの無料展示も読んでおきたいところ。

既にほとんどの方は知っていると思いますが、100元札に載っている男の人は孫文なのです。

おみやげ店もあります。

4.国父紀念館付近のおすすめグルメ

オシャレなサンドイッチ・トーストのお店なら「真芳」

豬肉蛋起司(豚肉+卵+チーズが入ったトースト)

値段は60元(約220円)

名前を聞いただけで美味しい雰囲気がぷんぷん伝わってくるのですが、食べてみるとやはり絶品。

しかし少し日本にはない風味がほのかにするので台湾特有の香辛料がダメな人は別メニューの蛋餅を頼んだ方がよさそうです。

メニュー表

真芳の店舗情報・アクセス

住所 110台北市信義區忠孝東路四段559巷16弄13號
電話番号 02 2766 6766
営業時間 月曜日〜金曜日 6:30〜13:30

土曜日・日曜日 7:30〜13:30

平均予算 100元(約360円)以下
最寄り出口 MRT国父紀念館駅から徒歩約10分

MRT市政府駅から徒歩約5分

 

 

小綺麗な台湾ローカル店なら「北大行小籠包」

炒飯や麺料理などの中華料理を食べるなら「北大行」が有名で、自分が行った時には他にも日本人客がちらほら。

店内は綺麗なので、観光でも抵抗なく入ることができると思います。

↑肉絲蛋炒飯(お肉と卵の炒飯)

値段は130元(約470円)

量は結構多めで、味は個人的に中の上ぐらいでした。

他のメニューでは小籠包やシューマイなどが看板メニューのようなので次はそちらにチャレンジしてみたいと思います。

 

メニュー表

北大行の店舗情報・アクセス

住所 110台北市信義區光復南路427號
電話番号 02 2729 9370
営業時間 水曜日〜日曜日 11:00~14:00 17:00~20:30

月曜日・火曜日 定休日

平均予算 150〜300元(約540円〜1080円)
最寄り出口 「国父紀念館」駅3番出口から徒歩10分以内
台湾グルメまとめ
【台湾料理総まとめ】台湾グルメの種類をジャンル別に解説【写真付き】 大家好! たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。 海外に行くとなると、気になる...

5.国父紀念館まとめ

まとめると

  • 国父紀念館は孫文の偉業を称えてできた場所
  • 国父紀念館に来たら衛兵交代式を見るのがおすすめ

以上となります。

まずは「中正紀念堂」に行くのがおすすめですが、「中正紀念堂」に行ったことのある方は国父紀念館に行って見るのもありだと思います。

では最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上たつきちからでした。

再見!!

蒋介石のブロンズ像
【必見】中正紀念堂の完全ガイド│最寄り駅からおすすめグルメまで このような要望に応えます。 当記事の内容 中正紀念堂の基礎知識〜読み方・アクセス・所要時間〜 中正紀念...

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら