たつきちの備忘録

「部活カースト最下層」前夜

完全に感化されてしまった。完全に感化されてしまった。 右脳に直接ぶちこまれるかのような衝撃はいつぶりだろうか。 大学生になってから小説を読むことはほと...

↑前回

 

 

小学校卒業を控える僕は不安を抱えていた。

中学校に入ると、僕が通うA校だけではなく、ヤンキーが多いと噂に聞くB校の子達と同じのクラスになるからだ。

 

 

小学校を卒業し、僕は中学生になった。

僕は元々小学生からサッカーの習い事をしていて、特段他にやりたい部活もなかったため、サッカー部に入ることに決めた。

これから悪夢のような日々が続くとは知る由もない。

 

 

僕は通っていた小学校はスクールカーストがはっきりと形づけられていたわけではないが、あえてスクールカーストという枠内に入れるのであれば、

①最上位(ヤンキー予備軍):②一般:③最下層(いじめ対象)で

0.2:9.6:0.2ほどだったのではないかと思う。

僕は恐らくこの時は一般に属していた。

 

 

ただ中学校に入って、B校の勢力が強力であったためにこのパワーバランスは驚くほど変わった。

 

B校の方が何事も先進的だった。

例えば、恋愛面なら僕らのA校は最終形態が両思いである一方で、もう一方B校は付き合う(さらにその先)まで進んでいる具合に。

 

端的に言うと、A校が陰でB校が陽の傾向にあった。

そしてA校とB校が混ざり合った時に、鎖国中の日本に西欧の圧力が押し寄せるが如く、どんどん僕たちはB校リーダー層の支配下に入ることになる。

 

もちろん僕たちA校の中でも、自身が列強化することでB校のリーダー層の仲間入りを果たすものもいた。

 

僕が入ったサッカー部はくしくも、そんな同期のB校のリーダー層の半数以上入部志願した部活だったのだ。

 

そして僕はこの日から部活を卒業するまで、これから形成される部活カースト制度の最下層を這いつくばることとなる。

 

続く

 

台湾を紹介するYouTube始めました!

2020年から台湾を紹介するYoutubeチャンネルを開設しました!

台湾のとっておき情報を発信しているので、チャンネル登録していただけると嬉しいです!