大学生の方へ

【大学生の方へ】洋楽好き大学生が選ぶおすすめ洋楽7曲と洋楽情報源

※情報は全て、2018年6月現在のものとなります。

はじめまして。

洋楽大好き大学生たつきちです!!

さて、留学していると様々な国籍の人と会うことがあるのですが、その時に洋楽を知っていると、どこの国の人とも洋楽の話をすると盛り上がることに気づきました

また、これからグローバル化がますます加速するという中で、やはり最低限の洋楽を知っておくとある意味、一生使える資産となります。

なので、洋楽知りたいけど、全くどこから手をつけたらいいかわからないという大学生の方に向けて今回はおすすめ曲洋楽を知るための情報源を紹介したいと思います!!

なのでもしこの機会に洋楽少し聞いてみたい方がいれば、ぜひぜひ少しだけお付き合いください!!

ではいきます。




洋楽おすすめ7曲

1曲目 OneRepulic/Counting Stars

OneRepublic自体は知らない人も多いかもしれないですが、「Counting Stars」はかなり有名なので、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

「Counting Stars」は2013年にリリースされ、YouTube合計再生回数22億回

高音と低音が節妙のタイミングで入れ替わるところと金を数えることを辞めて星を数えようという力強く、前向きな歌詞が個人的に最高です。




2曲目 Bruno Mars/Just the Way You Are

Bruno Marsは洋楽好きで知らない人はいない、現在世界を代表する歌手の一人です。

なのでBruno Marsの中で曲を選ぶ際、好きな曲が多すぎてかなり迷いましたが、今回はストレートなラブソングである「Just the Way You Are」を選曲しました!!

「Just the Way You Are」は2010年にリリースされ、YouTube合計再生回数11億回。

この曲は、先ほども述べたように聞いているこっちが恥ずかしくなるようなド直球ラブソングで、「ありのままの君がいい」というフレーズをはじめとした、彼女への正直な気持ちを綴った歌詞は聞いているだけで癒されます。

3曲目 Adele/Hello

Adeleはイギリス出身の歌手。

アメリカのビルボードランキングでセカンドアルバムの「21」に収録された5曲が39週連続TOP5入りという、マイケルジャクソンの持っていた38週連続記録を破り、ギネス記録を樹立したことからも彼女のすごさが伝わるのではないでしょうか。

そんな彼女の代表曲「Hello」は2015年にリリースされ、YouTube合計再生回数23億回。

この曲のMVは驚くことに、公開後24時間で2320万回再生され新記録を打ち立てました。

この曲を選んだ理由は、ノスタルジアな雰囲気を醸し出しながら、ソウルフルに歌うAdeleの良さが溢れんばかりに入り込んでいると思ったからです。

やはり、Adeleといえば失恋ソングが多いですが、この曲も例にもれず失恋曲で、特に後悔を歌った歌詞となっています。

4曲目 Galway Girl/Ed Sheeran

Ed Sheeranといえば、去年の1月頃にリリースされた「Shape of You」が世界最大手音楽聞き放題サービスであるsportfyにて史上最大再生回数の記録を打ち立てたことでも話題になりました。

「Galway Girl」は2017年にリリースされ、YouTube合計再生回数3.7億回。

そんな「Shape of You」と同じアルバム「÷(divide)」に収録されています。

この曲の「Galway」とはアイルランドの都市ゴールウェイのことで、ゴールウェイ出身の女の子と過ごした一夜について歌われた曲です。

やはり、Ed Sheeranの「Galway Girl」「Shape of You」もリズム感が最高にかっこいいですね。

5曲目 The Chainsmokers/Closer

The ChainsmokersはNY出身のDJ・音楽プロデューサーのデュオ。

EDM好きでThe Chainsmokersのことを知らない人はいないのではないのでしょうか。

「Closer」は2016年にリリースされ、YouTube合計再生回数21億回。

この曲の歌詞は昔付き合っていた人と別れてから連絡も全く取っていなかったが、偶然バーで再会し惹かれていくという過程がお互いの視点から描かれている。

また、自分は初め聞いたときはこの曲のことをなんとも思いませんでしたが、何度も聞いていくうちにこの曲のメロディー中毒性にやられ、いつの間にか毎日聞くまでに好きになっていました(笑)

6曲目 Rather be/Pentatonix

「Rather Be」のオリジナルはClean Banditという女性歌手が歌っており、今回紹介するのはPentatonixがカバーしたものを紹介させてもらいます。

Pentatonixは5人組アカペラグループ。

Pentatonixによる「Rather Be」は2014年にリリースされ、YouTube合計再生回数6000万回越え。

この曲を選んだ理由は、原曲に対してのアレンジ力が以上に高く、なおかつ全員の歌唱力が以上に高いという点です。また舞台が日本であるMVも見どころ。

7曲目 Zedd, Alessia Cara/Stay

Zeddはロシア出身の男性DJ・音楽プロデューサー。

「Stay」は2017年にリリースされ、YouTube合計再生回数3億回以上。

自分はEDMの中でもZeddはかなり好きな方で、その理由としてはボーカルをエモーショナルに聞かせる演出方法が本当にうまい。

EDMによって、「Stay」も歌手のエモーショナルな部分が、聞き手の琴線にガンガン触れてきます。

また途中の時計の針がちくたくと動くメロディーなど聞いていると、どんどん彼の作る音楽に引き込まれていきます。

洋楽情報源

 Billboard Hot100

Billboard Hot100はアメリカのシングル人気チャートで、現在どの曲が人気かチェックする媒体としてはかなり有効。

Jump to search

Billboard Hot 100(ビルボードホット100)は、アメリカ音楽産業における一般的なシングル人気チャートである。週刊で『ビルボード』に載っている。チャートの順位はセールスとエアプレイに基づいている。セールスの集計期間は金曜に始まり木曜に終わり、一方エアプレイの集計期間は月曜に始まり日曜に終わる。新しいチャートは編集されて、公式に『ビルボード』から発表されるのは次の火曜であり、発表日付はさらに次週の土曜日の表記になっている。

wikipediaより引用

YouTubeに毎週更新されるので、自分は10分ちょいの週間Top50の動画をチェックしています。

Glee

アメリカのコメディー、ミュージカルの要素が入ったスクールドラマです。

glee/グリー』(原題: glee)は、20世紀フォックステレビジョンで制作されフォックス放送で放送された米国のテレビドラマシリーズ。2009年5月19日から2015年3月20日にかけて全121話が放送された。英語の “glee” とは「自分を解放し歓喜すること」また合唱部の「合唱」のことであるが、本作におけるグリー(合唱)とは、チーム一丸となり歌とダンスの芸術性を競いあうパフォーマンスを意味する。

wikipediaより引用

このドラマ中でたくさんの有名曲がカバーされるので、楽しみながら自然と洋楽を覚えていくことができます。

自分も中学校の時は、Rady Gagaぐらいしか知りませんでしたが、合計200曲以上はgleeだけで知ることができました。

まとめ

今回自分の好きな洋楽を7つ紹介させてもらいました!!

もし洋楽に興味がある方がいれば、ぜひぜひ1度聞いてみてくださいね!!




たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら