偉人の言葉

スティーブ・ジョブズの伝説スピーチを今悩んでる大学生に見てほしい

Steve Jobs伝説のスピーチ

こんにちは。

今回は自分の人生に大きく影響を与えたある動画について。

その動画とは、Apple創始者であるスティーブ・ジョブズによる、スタンフォード大学卒業式伝説のスピーチ

かなり有名なスピーチなので、もしかしたら見たことがある方もいるかもしれません。

 

当記事では日本語も英語も全て手作業で書き下ろしさせていただきました!!

なのでそれを見ながら、ジョブズのスピーチのそれぞれのメッセージの意図をより深く考えたり、英語の勉強にするなどして利用してくれれば幸いです。

それではどうぞ。

 

【まとめ版】YouTubeで見るおすすめスピーチ7選【元気が出る】こんにちは。大学生ブロガーたつきちです。 生きていると上手くいかないこともたくさんあると思います。 そのような上手く行かない...

【動画】スティーブ・ジョブズによる卒業スピーチ

 

 

【英語・日本語翻訳書き下ろし】スティーブ・ジョブズによる卒業スピーチ

初めの挨拶

約40秒

この世界最高峰の大学の卒業式にお招きいただきたいへん光栄です。

I’m honored to be with you today for your commencement from one of the finest universities in the world.

 

実を言うと私は大学を中退したので、大学の卒業式に出席するのはこれが初めてです。

Truth be told,I never graduated from college. This is the closest I’ve ever gotten to a college graduation.

 

今日私は3つの話をみなさんに紹介します。

Today I want to tell you three stories from my life. That’s it.

 

たいしたことはない。ただ3つの話だけです。

No big deal. Just three stories.

点をつなげること

約4分40秒

最初の話は「点をつなげること」です。

The first story is about connecting the dots.

 

私はリード大学を6ヶ月で中退し、そして正式に退学するまで18ヶ月ほど学校をうろついていました。

I dropped out of Reed College after the first 6 months, but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit.

 

中退した理由は?

So why did I drop out?

 

それは私が生まれる前にまで遡ります。

It started before I was born.

 

私の生みの親は未婚の大学院生だったので私を養子に出すことにしました。

My biological mother was a young, unwed graduate student, and she decided to put me up for adoption.

 

母は大学を卒業した人が親になるべきだと望んでいたので、ある弁護士の夫婦に預けるという話になりました。

She felt very storongly that I should be adopted by college graduates,

so everything was all set for me to adopted at birth by a lawyer and his wife.

 

しかし、私が生まれる直前、弁護士夫婦が女の子を希望したので、話はなしになりました。

Except that when I popped out they decided at the last minute that they really

wanted a girl.

 

そこで養子縁組の順番待ちをしていた別の夫婦に真夜中電話がきました。

So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night asking:

 

「期待していなかった男の子がいます。引き受けてもらえませんか?」と聞かれ、「もちろん」と夫婦は答えました。

“We’ve got an unexpected baby boy; do you want him?”

They said” Of course”

 

それで生みの母親が知ったのですが、その夫婦の奥さんは大学中退で、夫の方は高校すら中退でした。

My biological mother found out later that my mother had never graduated from college, and that my father had never graduated from high school.

 

それで母は養子の書類へのサインを拒否しました。

She refused to sign the final adopution papers.

 

最終的には息子を立派に大学生にしてもらうことを条件に、サインしました。

she only relented a few months later when my parents promised that I would go to college.

 

これが私の人生のスタートでした。

This was the start in my life.

 

17年後私は無事に大学生になりました。

And 17 years later I did go to college.

 

しかし、世間知らずな私はとても学費の高い大学を選んだので両親の給料が全て私の授業料へと消えていきました。

But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents’ savings were being spent on my college tuition.

 

その半年後、私はそこに価値を感じなくなりました。

After six months, I couldn’t see the value in it.

 

私は人生の目標はありませんでしたが、大学が導いてくれるとも思えませんでした。

I had no idea what I wanted to do with my life, and no idea how college was going to help me figure it out

 

私は、親が必死で稼いだ金を垂れ流すだけだったのです。

And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life.

 

なので、退学することにしました。それでも大丈夫だと信じて。

So I decided to drop out and trust that it would all work out OK.

 

その時は怖かったのですが、今考えれば、最良の選択でした。

It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made.

 

その瞬間から、必修の授業に出る必要がなくなったのでもっと私の興味を引く授業に潜り込むようになりました。

The minute I dropped out, I could stop takeing the required classes that didn’t interest me, and bigin dropping in on the ones that looked far more intresting.

 

素敵な話ばかりではありません。

It wasn’t all romanstic.

 

私には寮がなかったので、友達の部屋の床で寝ていました。

I didn’t have a dorm room, so I slept on the flour in friends’ rooms,

 

空のコーラ瓶をお店に返して、5セントを稼ぎ、食費の足しにしたり、日曜日にはヒンズー教会の夕食を食べるために、11キロも歩いたりしました。

I returned coke bottles for the $0.05 deposits to buy food with, and I would walk the 7 miles across town every Sunday night to get one good meal a week at the Hare Krishha temple.

 

最高の食事でした。

I loved it

 

中退して私が興味を持ったものは、後に非常に価値のあるものとなりました。

And much of what I stumbled into by folling my curiosity and intuition turned out to be priceless later on.

 

一つ例を挙げましょう。

Let me give you one example:

 

当時のリード大学には国内最高のカリグラフィ(西洋書道)の授業がありました。

Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country.

 

学内のポスターやラベルは全て美しい手書きの字でデザインされていました。

Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphy.

 

私は中退しており、必修の授業に出る必要がなかったので、カリグラフィの授業を取って、美しい字の書き方を学ぶことにしました。

Because I had dropped out and didn’t have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to to this.

 

そこでセリフ体、サンセリフ体などの書体や様々な隙間の調整など偉大なタイポグラフィを偉大たらしめる要素を学びました。

I learned about serif and san serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great.

 

それは美しく、歴史的で、科学では捉えられない繊細さがありました。

It was beatiful, historical, artistically subtle in a way that science can’t

caputure.

 

それに魅力を感じたのです。

and I found it fascinating.

 

そんなことも自分の人生の役に立つとは思っていませんでしたが、10年後最初のMacintoshを作る時になってそれが蘇ったのです。

None of this had even a hope of any practical application in my life.

But 10 years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all

came back to me.

 

そのノウハウを活かし、Macは世界で初めて、美しい活字を扱えるパソコンになりました。

And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautihul typography.

 

大学でカリグラフィの授業に巡り合っていなければ、Macはたくさんのフォントや美しい字間調整を搭載することはなかったでしょう。

If I had never dropped in on that single course in college, the Mac would have never had multiple typefaces or proportionally spaced fonts.

 

しかしMacをパクったWindowsはそんな機能が省かれていましたが。

And since Windows just copied the Mac, it’s likely that no personal computer

would have them.

 

大学を辞めていなければその授業に出会わなかったでしょう。

If I had never dropped out, I would have never dropped in on this calligraphy class,

 

そして、美しい活字を搭載したパソコンも現れなかったでしょう。

and personal computers might not have the wonderful typography that they do.

 

もちろんその出来事の繋がりを予想はしていませんでした。

Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college.

 

しかし10年後に振り返ると、とても明白に見えていました。

But it was very, very clear looking backwards 10 years later.

 

点と点のつながりは予測できません。

Again, you can’t connect the dots looking forwards;

 

あとで振り返って、点の繋がりに気づくのです。

You can only connect them looking backwards

 

今やっていることがどこかに繋がると信じてください

So you have to trust that the dots will somehow connect in future

 

何かを信じてください。あなたの根性、運命、業なんでもかまいません。

You have to trust in something, your gut, destiny, life , karma, whatever.

 

その点はどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いてても自信を持って歩き通せるからです。

Because believing that the dots will connect down the road it’ll give you the confidence to follow your heart, even when it leads you off the well-worn path.

 

それが人生に違いをもたらします。

And that will make all difference.

愛と喪失

約3分10秒

2つ目の話は「愛と喪失」です。

My second story is about love and loss.

 

若いうちに仕事が見つかったのは幸運でした。

I was lucky. I found what I loved to do early in life.

 

20歳の時、両親のガレージでウィズとApple社を始めました。

Woz and I started Apple in my parents garege when I was 20.

 

私たちは懸命に働き、たった2人だけだった会社が4000人の従業員と20億ドルを誇る大企業に成長したのです。

We worked hard, and in 10 years Apple had grown from just the two of us in a garege into a $2 billion company with over 4000 employees.

 

我々は最高傑作のMachintosh発売してから次の年に私は30歳になりました。

We had just released our finest creation the Macintosh a year earlier and I had just turned 30.

 

そこで私はクビになりました。

And then I got fired. 

 

自分が始めた会社をクビになったんですよ!?

How can you get fired from a company you started?

 

私はAppleの成長にしたがって、有能だと思った人物を招き重役に置いたのです。

As Apple grew we hired someone who I thought was very talented to run the company with me.

 

初めはうまくいきましたが、将来へのビジョンが食い違い、分裂するようになりました。

And for the first year or so things went well. But general visions of the future began to diverge and eventually we had a falling out.

 

その時に取締役会が彼の味方をしたのです。

When we did, our Board of Directors sided with him.

 

そして30歳でクビです。とても有名な失業でした。

So at 30 I was out. And very publicly out.

 

人生の焦点だったものが消え、絶望しました。

What had been the focus of my entire adult life was gone, and it was devastating.

 

初めの数か月は途方に暮れました。

I really didn’t know what to do for a few months.

 

この分野の先人たちの期待に添えず、渡されたバトンを落としてしまったと感じました。

I felt that I had let the previous generation of entrepreneurs down, that I had dropped the baton as it was being passed to me.

 

私はデビット・パッカードやボブ・ノイズに会い、台無しにしたことを詫びようとしました。

I met with David Packard and Bob Noyce and tried to apologize for screwing up so badly.

 

私の失業は有名だったので、シリコンバレーから逃げようかとも思いました。

I was a very public failure, and I even thought about running away from the valley.

 

しかし、徐々にあることに気づきました。

But something slowly began to dawn on me.

 

自分の仕事がまだ好きだったのです。

I still loved what I did.

 

アップルを退職しても、その愛は少しも変わりませんでした。

The turn of events at Apple had not changed that one bit.

 

追い出されはしましたが、まだ愛していたのです。

I’ve been rejected, but I was still in love.

 

だから再出発することにしました。

And so I decided to start over.

 

その時は分かりませんでしたが、Appleからの追放は人生で最良の出来事でした。

I didn’t see it then, but it turned out that getting fired from Apple was the best thing that could have ever happened to me.

 

成功者としての重圧が初心者の気軽さに変わりました。全てについて以前ほどの革新はありませんでしたが。

The heaviness of being successful was replaced by the lightness of being a beginner again, less sure about everything

 

それは最もクリエイティブな期間へと解き放ったのです。

It freed me to enter one of the most creative periods of my life.

 

5年間のうちにNeXT社とPixar社を立ち上げ、そして後に妻となる素晴らしい女性に出会いました。

During the next five years, I started a company named NeXT, another company named Pixar and fell in love with an amging woman who would become my wife.

 

Pixarは世界初のCGアニメである「Toy Story」で成功し、世界最高のアニメスタジオになりました。

Pixar went on to create the worlds first company animated feature film, Toy Story, and is now the most successful animation studio in the world.

 

そして意外なことに、AppleがNeXT社を買収したんです。

In a remarkabale turn of events, Apple bought NeXT.

 

私はAppleに戻り、NeXTで培った技術はApple再建を支えることになりました。

I returned to apple, and the technology we developed at NeXT is at the heart of Apple’s current renaissance.

 

そしてロリーンと私は幸せな家族を築いています。

And Laurene and I have a wonderful family together.

 

ずっとAppleにいたのなら、絶対にどれも起こらなかったでしょう。

I’m pretty sure none of this would have happened if I hadn’t been fired from Apple.

 

とても苦い薬でしたが、私には必要だったんでしょうね。

It was awful tasting medicine, but I guess the patient needed it

 

時にはレンガで殴られたような苦しみに遭うことがありますが、自分を見失わないでください。

Sometimes life is gonna hit you in the head with a brick. Don’t lose face.

 

私は自分の行いを愛していたからこそ、止まることなく続けられました。

I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did.

 

あなたも愛せるものを見つけましょう。

You’ve got to find what you kove.

 

仕事にも恋愛にも言えることです。

And that is as true for your work as it is for your lovers.

 

仕事は人生の重要な位置を占めます。

Your work is going to fill a large part of your life.

 

それに満足したければ、自分の仕事が最高だと思うことです。

And the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work.

 

そして最高の仕事をするには、あなたがしていることを愛することなのです。

And the only way to do great work is to love what you do.

 

まだ見つかってないなら、探し続けましょう。

If you haven’t found it yet, keep looking.

 

立ち止まらないでください。

Don’t settle.

 

心のすべての物事がそうであるように、みなさんはそれを見つけた時、皆さんにはそれが分かるのです。

As with all matters of the heart, You’ll know when you find it.

 

そして良き人間関係のように、長く付き合うほど、心地よくなります。

And like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on.

だから探し続けましょう。落ち着くことなく。

So keep looking. Don’t settle.

約4分15秒

3つ目の話については「死」についてです。

My third story is about death.

 

17歳の時にこんな言葉に出会いました。

When I was 17, I read a quote that went someting like:

 

「もしあなたが毎日をあたかもあなたの人生最後の日のごとく生きれば、いつの日か必ずやあなたはその通りになるだろう」

If you live each day as if it was your last, someday you”ll most certainly be right.

 

その言葉に感銘を受けて以来33年、私は毎朝鏡の中の自分に問いかけています。

It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself:

 

「今日で死ぬとしたら、今日は私は今からやろうとすることをしたいと思うだろうか」

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

 

その答えが何日も「No」のままなら、何かを変える必要があると気づきます。

And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change someting.

 

すぐに死ぬという意識を持つことは、人生で重大な選択をするために助けとなる私が出会った最も重要なツールだったのです。

Remembering that all will be dead soon is the most important tool I’ve ever encountered to help me make the big choices in life.

 

なぜならほぼ全てのものは、周囲からの期待、プライド、失敗や恥をかくことへの恐怖などそういったものは死に直面すると消え去るからです。

Because almost everything all external expectaions, all pride, all fear, of embarrassment of failure, these things just fall away in the face of death,

 

そこに残るのは本当に必要なものだけです。

leaving only what is truly important.

 

死を覚悟して生きていれば、「何かを失う気がする」という心配をせずに済みます。

Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose.

 

あなたは最初から裸なんです。

You are already naked.

 

素直に自分の心に従えばいいんですよ。

There is no reason not to follow your heart.

 

私は1年前ガンを宣告されました。

About a year ago I was diagnosed with cancer.

 

朝の7時半に受けたスキャンで膵臓にはっきりと腫瘍が映っていました。

I had a scan at 7:30 in the morning, and it clearly showed a tumor on my pancreas.

 

私は膵臓が何であるかも知りませんでした。

I didn’t even know what a pancreas was.

 

医者からは治療不可能なタイプの腫瘍だと聞かされ、3~6か月の余命を宣告されました。

The doctors told me this was almost certainly a type of canser that is incurable, and that I should expect to live no longer than three to six months

 

医者は「家に帰って、やり残したことを片付けろ」とアドバイスしました。

My doctor advised me to go home and get my affairs in order,

 

つまり「死ぬ準備をせよ」という意味です。

which is doctor’s code for prepare to die.

 

つまり「子供たちに全てを伝えろ」ということです。

今後10年で言うつもりだったことを数か月のうちに言えということです。

It means to try and tell your kids everything you thought you’d have the next ten years to tell them in just a few months.

 

つまり「家族に負担が残らぬようにすべてにケリをつけておけ」ということです。

It means to make sure everything is buttoned up so that it will be as easy as possible for your family.

 

つまり「さよならを言っておけ」ということです。

It means to say your goodbyes.

 

その宣告を抱えて、1日過ごしました。

I lived with that diagnosis all day.

 

その日の夜、カメラを飲む検査を受けました。

Later that evening I had a biopsy,

 

腸から膵臓へ針を通し、腫瘍細胞を採取する検査です。

where they stuck an endoscope down my throat, through my stomach and into my intestines, put a needle into my pancreas and got a few cells from the tumor.

 

私は鎮痛剤が効いていたのですが、側にいた妻の話によると、腫瘍を検査した医師たちが呼び出したそうです。

I was sedated, but my wife, who was there, told me that when they viewed the cells under a microscope the doctors started crying,

 

その腫瘍が手術で治せる非常にまれなケースだったからでした。

because it turned out to be a very rare form of pancreatic cancer that is curable with surgery.

 

私は手術を受け、おかげで今は元気です。

I had the surgery and I’m fine now.

 

これが私の最も死に近づいた経験です。今後数十年は勘弁ですね。

This was the closest I’ve been to facing death, and I hope it’s the closest I get for a few more dacades.

 

それを通して、死というものが役に立つものであるが、死がただの知的概念だった頃より確信を持って言えることがあります。

Having lived through it, I can now say this to you with a bit more certainty than when death was a useful but  purely intellectual concept

 

死にたいと思う人はいないのです。

No one wants to die.

 

天国に行きたい人でも、そのために死のうとはしない

Even people who want to go to heaven don’t want to die to get there.

 

しかし死は全ての人の終着点であり、誰も逃れたことはないし、今後もそうあるべきだ。

And yet death is the destination we all shere. No one has ever escaped it, and that is as it should be,

 

なぜなら死は最大の発明なのだから。

because death is very likely the single best invention of life.

 

それは生き物の変革の仲介をするものなのです。

It is life’s change agent.

 

「死は古きものを消し去り、新しき者への道を作る。」

It clears out the old to make way for the new.

 

ここでの「新しき者」は君たちです。

Right now the new is you.

 

しかしそう遠くないうちに君たちも「古き者」となり、消えてゆきます。

But someday not too long from now, you will gradually become the old and be cleared away.

 

大げさですみません。しかし、まぎれもない事実です。

Sorry to be so dramatic, but it is quite true.

 

あなたの時間は限られています。無駄に他人の人生を生きないでください。

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.

 

ドグマに囚われないでください。

Don’t be trapped by dogma,

 

それは他人の考え方に付き合った結果にすぎません。

which is living with the results of other people’s thinking.

 

他人の雑音で心の声がかき消されないようにしてください。

Don’t let the noise of other’s opinions drown out your own inner voice.

 

そして最も大事なのは自分の直観に従う勇気を持つことです。

And most important, have the courage to follow your heart and intuition.

直観とはあなたの本当に求めていることを分かっているものです。

They somehow already know what you truly want to become.

 

それ以外は二の次です。

Everything else is secondaly.

“Stay Hungry, Stay Foolish”

約2分

私の若い頃「全地球カタログ」という素晴らしい本がありました。私の世代のバイブルです。

When I was young, there was an amazing publication called The Whole Earth Catalog, which was one of the bibles of my generation.

 

スチュワート・ブランドという人によってこの近くのメンローバーグにて制作されました。

It was created by a fellow named Stewart Brand not far from here in Menlo Park,

 

彼の詩的なタッチが紙面に命を吹き込んでいました。

and he brought it to life with his poetic touch.

 

1960年代後半のことで、パソコンやデスクトップ・パブリッシングもない時代です。

This was in the late 60’s before personal computers and desktop publishing.

 

全てタイプライターやハサミ、ポラロイドなどで作られていました。

so it was all made with typewiters, scissors, and polaroid cameras.

 

Googleが生まれる35年も前の、文庫版Googleといったものです。

It was sort of like Google in paperbook form, 35 years before Google came along:

 

理想主義的で素晴らしいツールや偉大な信念に溢れていました。

it was idealistic, and overflowing with neat tools and great notions.

 

スチュワートのチームはいくつか刊行を重ねたのち、一通りのネタが出尽くしたところで最終巻を出しました。

Stewart and his team put out several issues of The Whole Earth Catalog, and then when it had run its course, they put out a final issue.

 

1970年代中盤のことで、私たちは君たちの年齢でした。

It was the mid-1970s, and I was your age.

 

最終巻の裏表紙には早朝の田舎道の写真がありました。

On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road.

 

冒険好きなら、ヒッチハイクなどで目にするような光景です。

The kind you might find yourslf hitchhiking on if you were so adventurous.

 

その下にはこんな言葉がありました。

Beneath it were the words:

 

「ハングリーであれ、バカであれ」

“Stay Hungry, Stay Foolish”

 

それが彼らの別れの言葉でした。

It was their farewell message as they signed off.

 

「ハングリーであれ、バカであれ」

“Stay Hungry, Stay Foolish”

 

私も常々そうありたいと思っています。

And I have always wished that for myself.

 

そして今、新たな人生を踏み出す君たちにもそう願っています。

And now, as you gradute to begin anew, I wish that for you.

「ハングリーであれ、バカであれ」

“Stay Hungry, Stay Foolish”

まとめ

このように、すべて書き起こしてみると、スティーブジョブズのこのスピーチは全て具体的な彼の体験に始まり、そして本質的な部分へ展開していくといったものでした。

みなさんはどのフレーズに心動かされましたか?

 

自分はこのスピーチの中でも、

  1. その点はどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道をあるいてても自信を持って歩き通せるからです
  2. 最高の仕事をするには、あなたがしていることを愛することなのです。
  3. 最も大事なのは自分の直観に従う勇気を持つことです。
  4. 「ハングリーであれ、バカであれ」

この4点が心に突き刺さりました!!

 

ではでは長い記事にも関わらず、最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上大学生たつきちからでした!!

【スピーチ書き下ろし】世界で最も貧しい大統領ホセ・ムヒカから「幸せ」とは何か探ってみる。こんにちは。 初めて筆箱ぐらいの大きさの野生のリスが木の上で寝ているのを見て、ちょっとした幸せを感じている大学生たつきちです。 ...

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら