台湾カルチャー

台湾名作映画「海角七號/君想う国境の南」の見どころをまとめてみた

こんにちは。

今日は家で映画を見まくって涙ぼろぼろなたつきちです。

さて今日、日本で1番有名な台湾映画といっても過言ではない「海角七號/君想う国境の南」を高校生の時に見て以降、久しぶりにこの映画を見たのですが、もう後半涙が止まりませんでした(笑)

ということで、今回は台湾に少しでも興味のある方に向けて、「海角七號/君想う国境の南」。

日台の恋をテーマに制作され、台湾映画界で台湾歴代映画で第2位(第1位タイタニック)の興行成績を誇った「海角七號/君想う国境の南」について紹介したいと思います!!

海角七號/君想う国境の南ってどんな映画??

『海角七号 君想う、国境の南』(かいかくななごう きみおもう、こっきょうのみなみ、原題:海角七號)は、2008年8月に台湾で公開されたファン・イーチェンと田中千絵主演の台湾映画、およびそのノヴェライズ化された小説。

近年低迷を続けていた台湾映画界で、この映画は例外的な興行収入5億3千万台湾ドルを記録し、『タイタニック』に次いで台湾歴代映画興行成績のランキングで2位になった。公開当初は他の台湾映画同様それほど振るわなかったが、口コミ効果で瞬く間にヒットしたと言われる。

wikipediaより引用

 

海角七號/君想う国境の南のあらすじ

日本統治時代、台湾最南の町恒春に赴任した日本人教師が、日本名小島友子という台湾人の教え子と恋に落ちる。 第二次世界大戦の終戦の後、駆け落ちを約束していた友子を台湾の港に残して、彼はやむを得ず内地に戻る引揚船に乗った。そして、日本への7日間の航海で毎日恋文を書き綴ったのだった。

彼が友子と別れた約60年後、台北でミュージシャンとしての成功を夢見て挫折したアガが、故郷の恒春に戻ってきた。

ある日、アガは60年前の日本人教師の娘が、死亡した父親の遺品から投函できなかった恋文を発見した。

その間、墾丁国家公園の中にあるリゾートホテルでは、中孝介が公演するビーチコンサートの計画が進んでいた。アガを中心に6人の地元の人々のコンサート前座バンドが結成されることになった。

そんな彼らをマネージメントする立場として、中国語が話せるためにたまたま恒春に派遣されていた友子(田中千絵)という売れない日本人ファッションモデルに白羽の矢が立つ。

さまざまなアクシデントやトラブルを乗り越え、彼らはビーチコンサートを成功させることができるのか。そして、日本人教師が綴った恋文は無事届けられるのか。

wikipediaより抜粋、訂正。

海角七號/君想う国境の南の見どころ

正直のところ前半の方は、少し冗長で退屈に感じてましたが、後半から一気に物語は展開し、面白くなっていきます。

特に、元々は険悪の中であった、ミュージシャンを目指していたアガとバンド売れないファッションモデルがお互いを意識し始めてから恋が一気に発展していくので、ここからが見どころ。

また60年前、台湾人女性友子に向けて書いた日本人教師のラブレターが、知性を感じる言葉遣いで誠実に彼女への愛を語る内容で時々映画のシーン中に挟まれるのですが、これがまた後半になるにつれて味が出てきて、いつの間にか涙が止まらなくなってしまいました。

また最後のコンサートの2曲目が本当に感動的なのでここも必見です!!

海角七號/君想う国境の南を見る際の注意点

この映画はその状況によって日本語、中国語、台湾語の話される言語が変わっているので、なかなか全ての言語を聞くだけで理解するというのが大変です。

YouTubeに上がっているのは繁体字字幕になるので、日本語字幕で見たい方はぜひぜひAmazonなどで見るのがいいと思います!!

海角七號/君想う国境の南まとめ

最後にこの映画を見て自分なりに感じたポイントは以下の3つです。

  1. 日本と台湾の歴史のつながりを感じることができる。
  2. 時代を超えた、2組の甘酸っぱい恋愛を見て、愛とは何なのか考えさせられる。
  3. とにかく最後のシーンのコンサートが感動的。

以上映画「海角七號/君想う国境の南」の感想でした!!

https://taiwanheliuxue.com/2018/05/28/lianxiqu/

またこちらの記事では、台湾を自転車で一周する「環島」の火付け役となった『練習曲』を紹介してるので、興味のある方はぜひぜひみてみてくださいね!!

ではでは最後まで見ていただきありがとうございました!!

以上大学生たつきちでした!!

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら