台湾留学

【語学センター】台湾留学生が台北でおすすめの大学6校比較してみた【厳選】

台湾おすすめ大学

※この記事は台湾に留学したい方向けのものです。

こんにちは。現在中国文化大学の語学センターに留学中のたつきちです。

台湾に留学するとなると大学を選ばないといけません。

しかし過去の自分がそうであったようにどの大学に留学すればいいのかなかなか決めるのは難しいですよね。

そこで今回は台湾特に、台北に留学しようと思っている方に向けて留学先として人気が高い台北の大学について紹介したいと思います。




台湾語学留学 人気の大学一覧(国立編)

※現在1元=3.6円で計算しています。

台湾大学

台湾大学は大きさもレベルも台湾一を誇るエリート校。一般的に台大(タイダー)と呼ばれます。クラス人数は5〜7人の少人数制を採用しているため留学生にとっては中国語を上達しやすい環境が整っているといえます。

学費 1学期(12週間):40,000元(約144,000円)

※冬学期12月第1週〜(10週間)のみ34,100元(約122,760円)

その他費用 登録費:500元(約1,800円)

教材費:約1,200元(約4,300円)

など

留学生数 約300人(日本人約30%)
最寄り駅 公館から出てすぐ。
おすすめポイント 図書館、スポーツ施設など周辺設備が充実

近くには公館夜市も。

台湾師範大学

台湾師範大学は歴史が古く、最大規模の留学生受け入れを誇る人気校。一般的に師大(シーダー)と呼ばれます。世界中から留学生が集まるので、世界各地の友人が欲しい方にはおすすめ。コース数、選択授業も豊富なため1人1人のニーズに合った授業形式が期待できます。

学費 1学期(12週間):21,600元(77,760円)〜36,000元(129,600円)
その他費用 登録費:1,000元(3,600円)

教材費:毎学期約1,000元(3600円)

など

留学生数 1,000人以上(日本人約25%)
最寄り駅 古亭駅より徒歩5分
おすすめポイント 豊富な授業制度

  • 中国語を本気で勉強したい人用で週10コマのレギュラークラスと別に、週15コマのインテンシブクラス
  • 通常授業とは別に無料から受けれる中華料理、書道、太極拳などの文化クラス
  • 14,400元〜2ヶ月間のサマークラス

近くには師大夜市も

webサイト http://www.mtc.ntnu.edu.tw/jap/course-seasonal-Introduction.html

 

政治大学

政治大学は数多くの官僚を輩出する台湾の名門校。他の台北の語学センターに比べると日本人が少なく、欧米系の留学生が多いです。

キャンパスが緑に囲まれた郊外にあるため台北市の中心に行くのは他の大学よりやや不便。

学費 1学期(12週間):30,000元(約108,000円)

※冬学期12月第1週〜(10週間)のみ25,200元(約90,720円)

その他費用 登録費:500元

教材費:毎学期約1,000元

など

留学生数 約200人(日本人約10%)
最寄り駅 動物園駅または木柵駅より徒歩20分 駅前からバスも。
おすすめポイント 日本人の少ない環境

毎学期20人限定(抽選)で留学生用の国際会館の手配可

webサイト https://www.nccu.edu.tw/




台湾語学留学 人気の大学一覧(私立編)

中国文化大学

本キャンパスは陽明山という山の上にありますが、語学センターは台湾大学や台湾師範大学から歩いてすぐの市中心にあります。学費が他の大学と比べて安く、毎月コースを開講しており最短2週間から受講できます。

学費 1学期(12週間):27,000元(約97,200円)

※開講約20日〜30日前に学費を支払うと前引きで24,300元(約87,480円)に

その他費用 登録費:300元(約1080円)

教材費:毎学期約500元(1,800円)〜1000元(3,600円)

など

留学生数 約500人(日本人約20%〜30%)
最寄り駅 科技大樓駅より徒歩約5〜10分

大安森林公園駅より徒歩約10〜15分

古亭駅より徒歩約15分〜20分

おすすめポイント 台北市内の大学の中で学費が安い。

台北市中心にあるので交通が比較的楽。

ただし最寄り駅からは少し遠い。

webサイト http://mlc.sce.pccu.edu.tw/default.aspx?language=ja

詳しくはこちらからどうぞ↓

あわせて読みたい
【生の声】中国文化大学語学センターの雰囲気、メリット、デメリット大家好!! たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうござます。 中国文化大学の語学学校に6ヶ月間通っていたたつきちです。 ...

淡江大学

淡江大学は近くに絶品グルメが多いこととしても有名な観光地である永康街(東門)からも歩いてすぐの場所にあります。また中国文化大学と同じく毎月留学生を受け入れている数少ない大学の1つです。学費が安いのも魅力の1つ。

学費 1学期(15週間):27,000元(97,200円)
その他費用 登録費:1,000元(約3600円)

教材費:毎学期約1,000元(約3600円)

留学生数 約600人(日本人約20%〜30%)
最寄り駅 東門駅より徒歩5分
おすすめポイント 3週間〜受講可

台北市内の大学の中で学費が安い。

観光地「永康街」が歩いてすぐ。

 

東呉大学

東呉大学の中国語センターは2012年に設立され、日本語学科に所属する学生との交流も活発で台湾の友人を作りたい方に適した大学です。

また東呉大学のキャンパスは故宮博物館の近くの台北市内から少し離れた場所に位置します。

学費 1学期(159時間):30,000元(約108,000円)

冬学期(130時間):27,000元(約97,200円)

その他費用 登録費500元(約1,800円)

など

留学生数 約150人(日本人少ない)
最寄り駅 士林駅からバスで5分
おすすめポイント 日本人が少ない

日本語学科の台湾人との交流が活発

 

台湾語学留学の人気大学まとめ

最後にまとめると

国立

  • 台湾大学
  • 台湾師範大学
  • 政治大学

私立

  • 中国文化大学
  • 淡江大学
  • 東呉大学

今回は留学生に人気のある大学としてこの6校を紹介させてもらいました。

各々留学の目的は異なると思うので、自分の留学目的に合った大学を選んでくださいね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

以上たつきちでした!!




たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら