当ブログのおすすめ10記事はこちら
台湾観光

【知らなければ罰金も!】台湾旅行前に知っておくべき10つの注意事項

台湾旅行前の注意事項

「台湾は安全って聞いたことあるから多分大丈夫なんだろうけど、念のため台湾旅行で注意すべきことを知っておきたいな」

このような願望に答えます。

本記事の内容

台湾旅行で知っておくべき注意点10選【日本と違う】

  1. MRT(地下鉄)内では飲食禁止
  2. 優先席には座らない
  3. バスが来たら手を挙げる
  4. 車・バイクには注意
  5. ビニール袋は有料
  6. よく雨が降るので折り畳み傘必須
  7. トイレットペーパーを流せないところがある
  8. 日本の両替するよりも台湾の空港で両替するほうがお得
  9. 水道水は飲めない
  10. 夜市などで大声で「臭い臭い」言わない

 

大家好!!

たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。

現在台湾留学中のたつきちです。

 

海外に旅行するとなると日本と違うところがたくさんあるため、トラブルになんてこともよくあると思います。

しかし台湾は日本と物理的に近いこともあり、以前は「まあノリでなんとかなるやろ(笑)」と思っていましたが、日本では当たり前な行為をしてしまっていたところ台湾の友人に全力で止められるということもありました。

そこで今回はみなさんがそのようなことにならないためにも、台湾旅行の際に気をつけておくべきことご紹介したいと思います。

①MRT(地下鉄)内では飲食禁止

台湾MRT

台湾の地下鉄では改札を通ると飲食禁止となっています。

水を飲むことやガムを噛むことさえ禁止されており、最悪の場合1500元(約5400円)以上7500元(約27000円)の罰金になることもあるので注意が必要です。

自分ははじめこのことを知らず地下鉄内で飲料を飲んでいたところ、全力で台湾の友人に引き止められました。

ちなみに飲料を持ち込むだけならオッケーです。

台湾は逆に電車やバスの中で通話するのは違法ではないため、よく通話しているところを見かけます。

➁優先席には座らない

台湾では優先席に座ってはいけないという暗黙の了解があります。(もちろん法律違反ではありません)

日本でも優先席には極力座らない方がいいという雰囲気はありますが、台湾ではそれよりも優先席(中国語では博愛座といいます。読み方:ボーアイズオ)に座ってはいけないという意識が強いです。

なので地下鉄などでまだ年の若い方は優先席が空いていても極力座らないでいるのが無難です。

➂バスが来たら手を挙げる

バス

台湾は交通量の少ないバス停であれば、手を挙げないと停まってくれません。

なので自分の乗るバスが来たら、しっかり見えるように手を挙げましょう。

また台湾のバスはかなり運転が荒いです。

以前自分が乗ったバスでスマホを触りながら(ライン見てました)運転するという運転手もいて身の危険を感じたことがあります。

さすがにその経験は1度しかありませんが、基本的に台湾のバスは運転が荒く、ゆっくりしてるとドアもすぐに閉まってしまうので、バスに乗る際はぼっとせず目的地につけばすぐに降りましょう。

➃車・バイクに注意

台湾に来るとまず暴走族のようなバイクの量に驚くでしょう。

台湾は交通のルールが日本よりあまりしっかりしていないため、交通事故も多いです。

また日本の歩行者優先というのは通用しないので、しっかり交差点などを渡るときは周りを見渡してくださいね。(歩きスマホは本当に危険です)

⑤ビニール袋は有料

台湾のコンビニや飲料店、スーパーではビニール袋が有料です。

有料と言っても「我要一個袋子」(ウォー ヤオ イーガ ダイズ)と言えば2元(約7円)ほどでもらうことができます。

⑥よく雨が降るので折り畳み傘必須

台湾では短時間で激しい雨がよく降ります。

なので観光中に雨が降る可能性も高いので、折り畳み傘を持って行くのがよいでしょう。

ただし台湾のコンビニなどでも折り畳み傘は売っているので、持って行くのがめんどくさい方は台湾で買ってもよいでしょう。

⑦トイレットペーパーを流せないところがある

台北の地下鉄や百貨店などはトイレットペーパーが流せるようになりましたが、2018年現在でもローカルなお店ではトイレットペーパーを流せないお店も多いです。

その場合便器の隣にトイレットペーパーを捨てるごみ箱があるのでそこに捨ててください。

また、たまにトイレットペーパーがついていないトイレもあるので、万が一に備えて日本から水に流せるティッシュを持って行くか、台湾のコンビニなどででトイレットペーパー(衛生紙)を買っておくとよいでしょう。

あわせて読みたい
知っておきたい台湾のトイレ事情
【2019年版】台湾はトイレットペーパーを流せないの?知っておきたい台湾のトイレ事情 このような疑問に答えます。 当記事の内容 台湾のトイレットペーパーは便器に流せないの?【結論をずばり】 ...

 

⑧日本で両替するよりも台湾の空港で両替する方がお得

数千〜数万単位の交換であれば日本の空港で両替するより、台湾の空港で両替する方が数百円〜数千円お得になります。

なので現金に両替する場合は日本の空港ではなく、台湾の空港で行いましょう。

台湾の銀行で両替すると台湾の空港で両替するより、少しお得になる場合がありますが、手続きが必要で時間がもったいないので台湾の空港で両替を行うことをおすすめします。

⑨水道水は飲めない

台湾のお水は飲めません。

なので水が飲みたい際はコンビニなどで売っている水を購入しましょう。

⑩夜市などで大声で「臭い臭い」言わない

これはモラルの問題ですが、台湾、特に観光地では日本語が分かる方がたくさんいるので、夜市などでにおいを大声で連発すれば周りに筒抜けです。

もちろん初めて夜市に来れば、臭豆腐の特徴的なにおいに敏感になってしまう気持ちはわかりますが、それを踏まえた上で夜市に来ているので最低限のマナーは守りましょう。

台湾旅行の注意事項10選まとめ

最後にこれらをまとめると

  1. MRT(地下鉄内)では飲食禁止
  2. 優先席には座らない
  3. バスが来たら手を挙げる
  4. 車・バスに注意
  5. ビニール袋は有料
  6. よく雨が降るので折り畳み傘必須
  7. トイレットペーパーを流せないところがある
  8. 日本で両替するよりも台湾の空港で両替するほうがお得
  9. 水道水は飲まない
  10. 夜市などで大声で「臭い臭い」言わない

台湾旅行の際の注意事項を10個紹介させてもらいました。

これらのことに注意して、楽しい台湾旅行を送ってくださいね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上たつきちからでした。

 

台湾観光に行く前に絶対知っておきたい情報をまとめてます↓

http://taiwanheliuxue.com/2018/06/24/taiwankisomatome/

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら