当ブログのおすすめ10記事はこちら
台湾観光

【当日受取可能】台湾のWiFiルーターを桃園国際空港で借りる方法

空港でWiFiルーターを借りる方法

「最悪だ。。もうすぐ台湾行くのにWi-Fiルーター予約するの忘れてしまった…基本Wi-Fiルーターは2日前には予約しないといけないらしいし、SIMフリーじゃないからSimカードを購入して使うこともできないし本当に困ったな…」

このような時のために、当日に台湾空港でWiFiルーターを借りる方法をお答えします。

当記事の内容

  • 台湾のWiFiルーターを当日に借りる方法
  • WiFiルーターを使ってみた感想

 

大家好!!

たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

当記事では台湾観光1日前または当日

「Wi-fiルーターを借りるのを忘れてしまった…」という方に向けて

桃園国際空港で5分程で簡単に誰でもWiFiルーターを借りることができる方法を紹介したいと思います。

それではどうぞ。

WiFiルーターを借りることができる場所

WiFiルータを借りることのできる場所は

桃園国際空港ターミナル1のエントランスの右奥にある「游客邦」(➂分享器預約提領)

となります。

僕の時は5組ほど並んでいました。

WiFiルーター借りる際に必要なもの

WiFiルーターを借りる際に必要なのはこの2つ

  • パスポート
  • クレジットカード

クレジットカードは保証用で必要なだけで、現金支払いでもOKです。

WiFiルーターの料金・機能

料金

WiFiルーターの料金は1日188元(約680円)。

機能

主な機能は以下の通りです!!

  • 速度:4G
  • データ容量:無制限
  • 充電時間:約4時間
  • 連続使用時間:約6時間(1人が使用した場合)
  • 最多接続台数:5台

もっと機能について知りたい方は游客邦のサイトからご覧ください。

実際に使ってみた感想

実際に使ってみたところ、11時頃にこのWiFiルーター借りて、3人でスマホを同時接続した場合夜8時頃に充電がなくなってしまいました。

4人ともあまりスマホをいじっていたわけでもないので、スマホを誰か1人でも長時間使うとなるとすぐに充電がなくなることが予想されます。

なのでもし游客邦でルーターを借りるのであれば、無意味にインターネットを使うことは避けたほうがいいでしょう。

 

またWiFiルーターから少し離れるとすぐに通信が途絶えてしまったのも少し不便に感じました。

とはいっても、観光で全くWiFiを使えないのもきついので、ないよりはあった方が安心かなとは思います。

当日にWiFiルーターを空港で借りる方法まとめ

最後にまとめると、

  • 当日に桃園国際空港でWiFiルーターを借りるなら「游客邦」
  • 「游客邦」は預け荷物荷物の受取場所を出てターミナル1のエントランス右奥にある。
  • 1日188元(約680円)
  • 積極的にインターネットを使ってしまうとすぐにWiFiの充電が切れてしまうので使いすぎには注意!!

となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上たつきちからでした。

再見!!

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら