台湾観光

【2019年版】クレジットカードって台湾観光に必要なの?【学生向け】

台湾観光にクレジットカードって必要なの?

「台湾観光にクレジットカードって必要なのかな?あまりクレジットカードについても知らないし観光でクレジットカードを持って行くメリットも知れたら嬉しいな」

このような疑問に答えます。

当記事の内容

  • 台湾でクレジットカードは使えるのか
  • 台湾でクレジットカードを持つメリット【数千円単位の節約に】
  • 台湾で使えるブランド
  • 学生におすすめのクレジットカード

 

大家好!!

たつきちの台湾ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

さて台湾に観光するとなると必ず考えないといけないのがお金の問題だと思います。

 

そして観光に行く際「台湾観光にクレジットカードは必要なの??」と疑問に思う方も多いはず。

 

この疑問の答えとしては、結論をいうと台湾では現金で支払わないといけないところも多いため、問題なければクレジットカードなしでも過ごすことができます。

 

しかしクレジットカードを持っていると海外旅行保険の自動付帯で数千単位の節約ができたりやお金が足りない時の支払いなど持っておいて損することはほとんどありません。

 

そこで今回はクレジットカードについて全くわからない方に向けて、知っているだけ得する台湾のクレジットカード必見情報を紹介したいと思います。

そもそも台湾はクレジットカードは使えるの??

台湾で観光する場合ホテルやデパート、お土産屋さんのような場所では問題なく使うことはできます。

しかし、注意しないといけないのは以下の場所などでは使うことができないということです。

  • 夜市
  • ローカルなお店
  • コンビニ
  • バス・タクシー
  • ドリンクスタンド店

観光の際上記の場所でお金を支払うことは避けて通れないので、現金を持ち歩くことは必須となります。

台湾でクレジットカードを持つメリットって何??

台湾でクレジットカードが使えない場所も多い中、観光前にクレジットカードを持つメリットは以下の3つです。

  1. 海外保険料がついてくるので節約できる
  2. キャッシング(現金化)ができる
  3. お金が万が一足りない時に代わりに支払うことができる

①海外保険がついてくるので節約できる

クレジットカードにはまず旅行保険というものがあります。

旅行保険機能を搭載したクレジットカードを持っていると、別途に海外保険に入る必要がなくなんと数千円以上の保険料金を無料で代用することができます。

 

そして知っておきたいのが旅行保険の制度の違い。

旅行保険の制度は自動付帯利用付帯の2種類にわけることができます。

↑この違いめっちゃ大事

 

自動付帯と利用付帯の違い

自動付帯 クレジットカードを持つだけで旅行中の保険に加入できる。
利用付帯 事前にクレジットカードで旅行代金を支払うと旅行中の保険に加入できる。

 

自動付帯だとクレジットカードを持つだけで保険に加入することができるので、自動付帯のクレジットカードがおすすめです。

 

➁キャッシングができる。

キャッシングとはATMなどから現金を借りられる、クレジットカードに付帯する機能のこと。

もちろんクレジットなので利息付きで返済しないといけません。

ただし繰り上げ返済といった本来の引き落とし払いより先にカード会社に支払うことによって利息を少なくすることもできます。

なので場合によっては両替よりも安くなり、ATMで現金を引き出すことができるためかなり楽になります。

もし具体的にどの場合に両替と海外キャッシングどちらの方が得をするか知りたい方がいれば以下のサイトが参考になるかと思います。

ROUND TAIWAN│台湾ATMでクレジットカードを利用しキャッシングする方法 〜海外キャッシングは両替よりもお得か〜

➂お金が万が一足りないときに代わりに支払うことができる

もし旅行先に現金しか持って行っておらず、万が一予想外の出費などで払うお金がないということになるかもしれません。

ましてや海外で言語に不自由のあるなかそのような状況に陥ってしまった場合たまったもんじゃありませんよね。。

しかしそんな時にクレジットカードを持っておくと、もし現金がなくなったとしても安心して現金を引き出したり、クレジットカードが使えるお店で食事ができるので路頭に迷うということにはなりません。

なので万が一現金が足りなくなってしまった際にも、クレジットカードを持っていると安心して旅を楽しむことができます。

台湾はどこのクレジットが使えるの??

台湾で使えるクレジットカード

  1. VISA
  2. MasterCard
  3. JSB

台湾では上記の3つの国際ブランドのクレジットカードが主に使われます。

 

それぞれのブランドを簡単に説明すると

VISA

アメリカに本社を置く世界シェアNo.1の国際ブランド。

日本では三井住友VISAカードが有名。

 

MasterCard

同じくアメリカに本社を置く世界シェアNo.2の国際ブランド。

クレジットカード初心者におすすめ。

 

JSB

日本が誇る国際ブランド。

台湾は日本から近いこともあり、上記の2大ブランドに次いで多く使用される。

まずはVISAカードを持っておき、万が一VISAカードが使えなくなった時のためにMasterCardやJSBカードを併用するのがおすすめです。

【学生向け】台湾に観光する際のおすすめクレジットカード

エポスカード
エポスカードの最大の魅力は年会費無料カードの中で最高レベルの保証金額である点。また即日発行なので欲しいときにすぐ手元に届きます。
しかし還元率は0.5%と低いので、予備のクレジットカードとして持っておくのがおすすめ。

 

おすすめ度
年会費 永年無料
海外旅行保険 傷害治療費用:200万円まで

疾病治療費用:270万円まで

携帯品損害:20万円まで(免責3000円)

※自動付帯

還元率 0.5%(税込み200円ごとに1ポイント)
発行日 即日
学生サービス ビッグエコー、シダックスなどルーム料金30%オフ+エポスカード利用でポイント5倍など
ブランド VISA

➡エポスカードの詳細(公式サイト)はこちらから

三井住友VISAクラシックカードA
圧倒的なブランド力を誇るクレジットカード。ICチップ搭載の高セキュリティーを誇り、顔写真付きも選ぶことができるので安心。
海外旅行保険が他会社と比べ少ないのと翌年度以降年会費がかかってしまうのが難点。

 

おすすめ度
年会費 初年度年会費無料

翌年度以降は学生は卒業予定年まで税抜き250円+税

学生以外は通常1500円+税

海外旅行保険 障害治療保険:100万円まで

疾病治療保険:100万円まで

携帯品損害:20万円まで

※自動付帯

還元率 0.5%
発行日 最短3営業日
学生サービス 年会費割引
ブランド VISA

2018年9月28日までなら最大10,000円分キャッシュバック付きです。

➡三井住友VISAクラシックカードAの詳細(公式サイト)はこちら

 

【参考】学生なら三井住友VISAデビュープラスカードが断然お得!!
おすすめ度
年会費 初年度年会費無料

条件付きで無料(前年一回以上の利用で翌年度年会費無料)

海外旅行保険 なし
還元率 通常1%(ポイント2倍)

入会後3ヶ月の間は2.5%(ポイント5倍)

発行日 最短3営業日
特記事項
  • 満18歳から25歳限定
  • 満26歳以降歳以降の最初のカード更新時に「三井住友VISAゴールドカード」に移行
ブランド VISA

学生ならぜひとも入っておきたいのが三井住友デビュープラスVISAカード。強みとしては驚異の還元率1%〜2.5%。なので三井住友VISAデビュープラスカードでメインの支払いをするのがお得と言えます。

しかし注意しないといけないのが海外旅行保険の機能がないため、海外旅行の際は自動付帯のクレジットカードと併用で持って行くのがよいでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカードの詳細(公式サイト)はこちら

 

楽天カード
顧客満足度調査9年連続No.1の最強クレジットカード。年会費は永年無料にも関わらず、ポイント還元率1%と高め。
利用付帯のため、自動付帯のクレジットカードと併用するのがおすすめ。

 

おすすめ度
年会費 永年無料
海外旅行保険 傷害治療費用:200万円まで

疾病治療費用:200万円まで

携帯品損害:20万円まで(免責3000円)

※利用付帯

還元率 1%(税込み100円ごとに1ポイント)
到着日 申し込みしてから約1週間ほど
ブランド VISA MasterCard JCB AMEX

楽天サービスを日常的に使っている人におすすめなのが、楽天カードです。

ただ楽天カードは利用付帯なので、保険を適用させる場合は電車や飛行機などの料金を楽天カードで支払わないといけません。

なので、基本エポスカードなどの自動付帯のカードと併用するのがいいでしょう。

楽天カードはVISA以外にもMasterCard JCB AMEXなども取り扱っているので、VISA以外のブランドを持っておきたい際にも有用です。

永年無料にもかかわらず、新規入会&利用キャンペーンで最大5000ポイントもらえるので、持っておいて損はしないかと思います。

➡楽天カードの詳細はこちら

【学生向け】台湾クレジットカード情報まとめ

台湾クレジット情報カードまとめ

  • 台湾ではクレジットカードを使えるところもあるが、夜市、バス・タクシーなど使えないところも多い
  • それでもクレジットカードを持っておくメリットは以下の3つ↓
  1. 海外保険がついてくるので節約できる
  2. キャッシングができる
  3. お金が万が一足りないときに支払うことができる

ではでは最後まで読んでいただきありがとうございました!!

以上たつきちからでした!!

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら