台湾旅行前にこれだけは知っておきたい台湾基礎知識はこちら
台湾おすすめグルメ

牛肉麵はミシュランガイドに掲載された「清真中國牛肉麵」がおすすめ

こんにちは。

麺好き大学生たつきちです。

このまえあまり日本人には知られていないけど、ミシュランに掲載されたこともある牛肉麺のお店「清真中國牛肉麵」に行ってきました。

今まで10店ほどで牛肉麵を食べてきたのですが、その中でもここの牛肉麺はかなり美味しかったので、今回初めて牛肉麵のお店を紹介したいと思います。

それではどうぞ。

牛肉麵って何??

牛肉麵は台湾を代表する麺料理。

観光で台湾に来た際はぜひとも食べてほしい料理の一つです。

牛肉麺(ぎゅうにくめん、ニュウロウミェン、台湾語: グーバーミー)は、主に煮こんだ牛肉とスープ、小麦の麺からなる麺料理である。

wikipediaより引用

 

牛肉麵の種類

いざ牛肉麺のお店に行くと、牛肉麺の種類がたくさんあってどれにするか迷ってしまうので、先にこの情報を知っておくと比較的迷わずに済むと思います。

  • 清燉牛肉麺(清燉牛肉麵)- 花椒、胡椒で味付けされた薄味のスープをベースとする。特徴は、全て当日に現場で屠った牛肉を使用することである。台湾の牛肉麺の大部分は牛スジ肉を使うが、客の選択によって牛肉あるいはもつに代えることもある。

 

  • 紅焼牛肉麺(紅燒牛肉麵)- 醤油をベースに豆板醤などで濃い目に味付けされた牛肉麺。インスタントラーメンの種類として人気がある。時々、肉を煮込んでスープとする前に、辛い味付けで炒めることがある。紅焼蕃茄牛肉麺、紅焼牛肉湯麺、紅焼牛肉乾麺など多くの種類がある。

 

  • 清湯牛肉麺(清湯牛肉麵)- 清燉牛肉麺に類似するが、違った方法で作られる。牛骨、ニンジン、トウモロコシがベースの薄味のスープを、麺と牛肉の薄切り、生姜の千切りを器に盛り付けた上から熱い状態で注ぎ入れる。台南の一帯でよく作られる。

 

  • 川味牛肉麺(川味牛肉麵)- 台湾で発展した四川風の牛肉麺。四川省から台湾に来た退役軍人が、出身地成都の「牛肉紅湯」の作り方に、台湾の豆板醤を加え、麺を組み合わせて出来上がったもので、紅焼牛肉麺の前身にあたる。高雄岡山の眷村に源を発し、台湾各地に広く伝わった後に、台北で広まっている。

 

wikipediaより引用

ミシュラン掲載の清真中國牛肉麵

今回紹介する「清真中國牛肉麵」はミシュランの星評価からは外れるものの、安くておすすめできるお店に与えられるビブグルマンを得たお店です。

清真中國牛肉麵のメニュー

こんな感じで、牛肉麺以外にもメニューは豊富です。

紅燒牛肉麵

今回は紅燒牛肉麵を頼みました!!

値段は140元(約510円)

見た目からしてうまそうですね(笑)

牛肉麺って結構肉の臭みがあるものも多いのですが、ここの牛肉麺は全く臭みがありません。また麺もコシがあり、美味しかったです。

肉はかなりごついので、肉好きにはたまらないですが、あまり肉がごつすぎるのが苦手という方は、肉が薄めの清燉牛肉麵を頼むといいと思います。

清真中國牛肉麵のアクセス

清真中國牛肉麵のアクセスはこちらから

まとめ

今回は清真中國牛肉麵の牛肉麵について紹介させてもらいました。

ここの牛肉麵はかなり日本人にとっても食べやすい味でかなり美味しかったので、興味のある方はぜひぜひ行ってみてください!!

最後まで見ていただきありがとうございました!!

以上大学生たつきちでした!!

 

たつきちのSNSたち

  1. twitterでは記事の更新情報
  2. instagramでは台湾の風景

を発信しているので、もしよかったらフォローしてくださいね!

≫≫たつきちの@ツイートはこちら

≫≫たつきちの#インスタはこちら